コウテイペンギン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
コウテイペンギン
コウテイペンギン
コウテイペンギン Aptenodytes forsteri
保全状況評価[1]
NEAR THREATENED
(IUCN Red List Ver.3.1 (2001))
Status iucn3.1 NT.svg
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 鳥綱 Aves
: ペンギン目 Sphenisciformes
: ペンギン科 Spheniscidae
: オウサマペンギン属 Aptenodytes
: コウテイペンギン A. forsteri
学名
Aptenodytes forsteri Gray, 1844
和名
コウテイペンギン[2]
英名
Emperor penguin[3][4]
分布域
生息域 (緑色は繁殖地域)

コウテイペンギン (Aptenodytes forsteri) は、鳥綱ペンギン目ペンギン科オウサマペンギン属に分類される鳥類。別名は、エンペラーペンギン[2][3][4]である。

分布[編集]

南極圏[4]

主に南極大陸沿岸部に付随した棚氷の上で繁殖するが[4]、衛星写真から南極大陸内陸部にも繁殖地があるという報告もある[3]ニュージーランドサウスジョージア島ハード島に迷行した例もある[4]

形態[編集]

全長115 - 130センチメートル[3]。体長は100-130cm、体重は20-45kgに達する。現生のペンギン目内では最大種[3]。頭部とフリッパーの外側の羽色は黒[3]。上胸は黄色[3]。腹部やフリッパーの内側は白色[3]。側頭部の耳の周辺は橙色[3]

下嘴に黄色やピンク色の筋模様が入る[3]。後肢にはピンク色の斑紋が入る個体もいる[3]。下のくちばしの根もとには嘴鞘(ししょう)という部分があり、ここも黄色をしている。

外見はオウサマペンギンに似るが、オウサマペンギンは体長95cmほどと小型で、頭部から胸にかけての黄色部分が橙色を帯びること、くちばしやフリッパーが長くて頭身が小さいことなどから区別する。また、生息域や繁殖地も異なる。

雛の綿羽は灰色[3]。頭部は黒く、顔は白い[3]

生態[編集]

最大水深564メートルまで潜水した記録がある[3]。一方で水深の浅い大陸棚の周辺に好んで生息し、水深185メートル以上潜水するのは約5%にすぎない[3]。通常は2分半から4分潜水し、深い場所に潜る際は12分潜水することもある[3]。最長潜水時間は22分だが、水深の浅い場所での記録であり、氷の割れ目を探すのに手間取ったためと考えられている[3]。寒さから身を守るため、輪状になって体を寄せ合う群れ(ハドル)を形成する[3]。ハドルの中は絶えず移動しており、外側にいる個体が内側へ移動していく[3]。マイナス10℃で体が触れ合わない緩いハドルを形成し、マイナス22℃になると互いに体を寄せ合うハドルを形成するという報告例もある[3]。氷山などで風を防ぐが、次第にハドルを形成すると風上に対して背を向けるように移動する[3]

1998年のワシントン岬の調査では、食性の85 - 95%は魚類、5 - 11%はオキアミなどの甲殻類とする報告例もある[3]。他のペンギンと同様に肉食性で、魚類イカオキアミなどを捕食する。卵や雛の捕食者としてオオフルマカモメが挙げられる[3]。弱った雛や飢えた雛はトウゾクカモメ類にも捕食される[4]。一方で隣接する個体が暴れ、約45 %の卵が壊れ、雌雄で受け渡す際などの同種同士の影響により、繁殖に失敗することも多い[3]。繁殖に失敗した個体は別の親から卵や雛を奪おうとすることもあるが、この際に奪おうとした卵が壊れたり雛が死亡することが多い[3]。成鳥の捕食者として、シャチヒョウアザラシが挙げられる[4]

ペアは繁殖期ごとに解消し、前年と同じ相手とペアを形成することはほぼない[3]。冬季に氷上で繁殖し、巣は作らない[3]。巣を形成しないため縄張りがなく、そのため縄張り争いを行わない[3]。5月上旬に、1個の卵を産む[3]。卵や雛は後肢の上に乗せ、腹部にある皮膚のたるみ(抱卵嚢)で覆う[3]。産卵したメスは、オスに卵を託し採食のために海へ向かう[3]。オスのみが抱卵し、抱卵期間は64.4日[4]。メスが戻る前に卵が孵化すると、オスは食道からの分泌物(ペンギンミルク)を雛に与える[4]。メスは65 - 78日を採食に費やし、この間に抱卵・育雛を行うオスは110 - 120日も絶食に耐える[3]。メスが戻ると雛を託してオスも採食のために海に向かい、以後は雛がある程度成長するまでは交代で育雛を行う[3]。雛は孵化してから40 - 50日で、雛だけで構成させる群れ(クレイシ)に合流する[4]。クレイシに合流した雛は鳴き声をあげて、海から戻ってきた親鳥に食物をねだる[3]。雛は孵化してから約150日で、産まれた集団繁殖地から離れる[4]

『ナショナルジオグラフィック』によると、英国の海洋生物学者の観察から、コウテイペンギンの瞬間的なスピード泳力の秘密は、羽毛に蓄えた空気から気泡を発生させることで、海水と体の間の摩擦抵抗を減らすことにあったとわかった[5]

繁殖行動[編集]

ペンギンは南極にすむと思われがちだが、実際に南極大陸におもな繁殖地を持つのはコウテイペンギンとアデリーペンギンの2種類だけである。アデリーペンギンは夏に地面が露出した海岸で繁殖するが、コウテイペンギンは零下数十度の冬の氷原で繁殖を始める。このためコウテイペンギンは「世界でもっとも過酷な子育てをする鳥」と呼ばれることがある。厳しい冬に子育てを始めるのも、ヒナの成長と餌の量に関連したものと考えられる。

南極では秋にあたる3月から4月の頃、群れは海を離れて繁殖地である氷原に上陸する。繁殖地は海岸から50-160kmほど離れた内陸部である。これほど海岸から離れる理由の一つは捕食者から逃れるため、また雛が成長する前に氷原が溶けてしまうからであると考えられている。求愛行動およびそれに続く交尾の後、5月から6月にかけてメスは長径12cm、重さ450g程度の卵を1個だけ産む。産卵により疲労しているメスは餌を求めて海へ向かい、繁殖地に残ったオスは卵を足の上に乗せ、抱卵嚢(ほうらんのう)と呼ばれる両肢の間のお腹のだぶついた皮を使って、抱卵を始める。抱卵は立ったままで行い、巣はない。

オスはブリザード(地吹雪)が吹き荒れて-60℃になる極寒の冬の氷原上で身を寄せ合い、抱卵を続ける。卵は約65日で孵化するが、抱卵中のオスは雪を食べるしかない絶食状態に置かれるため、エネルギー消費量を抑えるため睡眠に近い状態で過ごすものの、孵化する頃にはオスの体重は40%以上も減少してしまう。繁殖地へ移動した頃から数えると約120日間も絶食していることになる。8月頃にはヒナが生まれるが、メスがまだ戻ってきていない場合には、オスは食道から分泌した白色の乳状の物質(ペンギンミルクと呼ばれることがある)を餌としてヒナに与える。メスが海から戻ってくると、ヒナの給餌はメスが行うため、オスはやっと海に出て行けることになるが、遠い海までの道のりで力尽き死んでしまうオスもいる。オスだけが抱卵するのはコウテイペンギン特有であり、他のペンギンはオスとメスが交代で抱卵する。

海へ行ってきたメスはヒナのための食物(オキアミなど)を胃に貯蔵しており、食物を吐き出してヒナに餌として与える。ヒナは最初羽毛も生えていないが、やがてヒゲペンギンを小さくしたような黒と灰色の綿毛が生える。海へ行ったオスは、やはり同様に食物を胃に貯蔵して、数週間後に繁殖地へ戻ってくる。以後、オスとメスが交代でヒナの番と餌運びを行う。ただ、戻ってきてもヒナがなくなっていたりしていると、メスは他のヒナを奪って育てようとする。ヒナの成長につれ、摂取する餌の量が増えていくと、オスとメスが両方とも海に出るようになる。この頃、ヒナばかりが集まって「クレイシ」(フランス語でクレーシュCrèche、保育所の意味)という集団を作る。クレイシは子育てを行っていない若鳥などに守られながら徐々に海岸へと移動する。

ヒナが充分に成長する頃にはクレイシも海岸に到達し、南極も夏を迎える。ヒナが成鳥の羽に換羽するのと同時期に、成鳥も冬羽から夏羽に換羽する。なお換羽の間は海に入らず、絶食することとなる。換羽の終わった群れは餌の豊富な夏の南極海へ旅立つ。

人間との関係[編集]

大型であること・生息環境が安定していること・人間の影響がないことから、生息数は安定している[3]。一方で温暖化により、生息地である棚氷の減少が懸念されている[3]。海水面の変化により2100年までに多くの繁殖地が影響を受け、壊滅する繁殖地もあるという説もある[1]。2009年に人工衛星からの調査では46コロニー、238,000ペア、595,000羽の個体数が確認された[1]

日本では1954年に初めて恩賜上野動物園で飼育され、1960年に寄贈され1977年まで飼育されていた個体が死亡するまで継続飼育されていた[6]。飼育下での長期生存例として、1964 - 1992年まで長崎水族館で飼育されていた「フジ」による28年5か月という記録がある[6]。フジが死亡したことで日本では一時飼育個体がいなくなったが、1997年に南紀白浜アドベンチャーワールドで20羽の雛の飼育が開始された[6]

長寿記録[編集]

飼育下における最高齢記録は日本の長崎水族館で飼育されていた「フジ」の28年5ヶ月(1964年3月29日~1992年8月28日、野生由来のため実年齢は不明)である[7]。「フジ」は長崎水族館の顔として長年に渡って親しまれ、死後は剥製となって現在は長崎ペンギン水族館で大切に保存されている[7]

画像[編集]

出典[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c BirdLife International. 2018. Aptenodytes forsteri. The IUCN Red List of Threatened Species 2018: e.T22697752A132600320. https://doi.org/10.2305/IUCN.UK.2018-2.RLTS.T22697752A132600320.en. Downloaded on 10 August 2020.
  2. ^ a b 山階芳麿 「コウテイペンギン(エンペラーペンギン)」『世界鳥類和名辞典』、大学書林、1986年、17頁。
  3. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x y z aa ab ac ad ae af ag ah ai aj David Salomon「エンペラーペンギン Emperor Penguin」出原速夫・菱沼裕子訳『ペンギンペディア』、河出書房新社、2013年、22-37頁。
  4. ^ a b c d e f g h i j k Tony .D. Williams 「エンペラーペンギン」佐渡友陽一訳『ペンギン大百科』、平凡社、1999年、267-278頁。
  5. ^ 『NATIONAL GEOGRAPHIC 日本版-ナショナルジオグラフィック-2012-11』日経ナショナルジオグラフィック、2012年10月31日発行|この原理は、造船工学、繊維科学など他分野でも応用されている。
  6. ^ a b c 堀秀正 「日本でのペンギン飼育」『ペンギン大百科』、平凡社、1999年、216-232頁。
  7. ^ a b 白井和夫『長崎水族館とペンギンたち』藤木博英社 2006年

関連項目[編集]

外部リンク[編集]