瀬田川洗堰

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
下流側から見た洗堰

瀬田川洗堰(せたがわあらいぜき)は、滋賀県大津市南郷地先に建設された可動堰)である。明治に作られた旧洗堰は南郷洗堰と呼ばれる[1]

概要[編集]

琵琶湖から流れ出る唯一の天然河川である瀬田川の水を堰き止め、利水および治水に供する目的で運用されている。

堰は国土交通省近畿地方整備局琵琶湖河川事務所により管理されている。なお、淀川流域の国土交通省管轄の河川施設のうち天ヶ瀬ダムおよび、水資源機構が設置した日吉ダム高山ダム青蓮寺ダム室生ダム布目ダム比奈知ダムは、淀川ダム統合管理事務所にて総合的に管理されているが、瀬田川洗堰と淀川大堰は各河川事務所により管理・操作されており、淀川ダム統合管理事務所からは情報提供のみ行われている。

かつては、治水目的で全閉操作がなされることが想定されていたが、国土交通省の方針転換により全閉操作は行わないことになった。しかし2013年(平成25年)9月16日に台風18号による記録的な大雨を受け、下流の宇治川の氾濫を防ぐために41年ぶりに全閉操作がなされた。 [2]

歴史[編集]

明治の洗堰(南郷洗堰[1]

1896年(明治29年)にまとまった淀川改修計画により1900年(明治33年)春、瀬田川改修工事が着工した。これは、瀬田の唐橋から南郷までの5.5km区間にわたる川底を掘り下げるほか川幅を101mに広げ、さらに南郷付近(供御瀬の直前)に川中へ突き出した大日山をダイナマイトで爆破し54mを河川敷に組み入れるというもので、これにより瀬田川の疎通能力は毎秒50m3から毎秒200m3に拡大[3]した。

洗堰本体は1902年(明治35年)に着工し1905年(明治38年)3月、煉瓦と石で造られた疎通能力は毎秒400m3の堰が工費625,000円で完成した。堰の開閉は複数の橋脚に角材を横に人力ではめる方法を採っており、全開から全閉までの作業に24時間以上かかった。

現在の洗堰

堰を近代化し機能を強化するべく、建設省(現・国土交通省)近畿地方建設局が在来堰の直下流にコンクリート製の可動堰を建設し1961年(昭和36年)3月、疎通能力600m3の堰が竣工した。なお、堰の開閉は電動に変更された。

1992年(平成4年)、バイパス水路が新設され、疎通能力が800m3に向上した。

観光[編集]

直上流には旧堰の遺構が残っているほか、左岸には展示館「水のめぐみ館 アクア琵琶」が設置されており、旧堰の操作の様子が模型展示されている。 旧堰上は普段立入禁止だが、毎月一回開催される「洗堰レトロカフェ」開催時には立ち入って見学することができる。

さらに上流には、紫式部ゆかりの石山寺がある。

交通[編集]

参考文献[編集]

  • 『湖国と文化』秋;93号(2000年10月)

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b 国土交通省近畿地方整備局琵琶湖河川事務所. “瀬田川洗堰〜洗堰の歴史”. 2011年6月13日閲覧。
  2. ^ 洗堰 抜け落ちた全閉解消の方針|滋賀報知新聞 平成25年10月3日号”. 滋賀報知新聞. 2013年10月22日閲覧。
  3. ^ 湖水位±0を基準とする。
[ヘルプ]

外部リンク[編集]