常盤橋 (日本橋川)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
常盤橋
常盤橋
基本情報
日本の旗 日本
所在地 東京都千代田区 - 中央区
交差物件 日本橋川
建設 1926年
座標 北緯35度41分7秒 東経139度46分15秒 / 北緯35.68528度 東経139.77083度 / 35.68528; 139.77083
構造諸元
形式 2連鉄筋コンクリートアーチ橋
関連項目
橋の一覧 - 各国の橋 - 橋の形式
テンプレートを表示

常盤橋(ときわばし; 「盤」の字は「般」に「」)は、東京都千代田区大手町中央区日本橋本石町との間の日本橋川にかかる橋。別名は常磐橋(読み方は同じ; 「磐」の字は「般」に「」)。ただし、現在は上流にある人通専用の旧橋を常磐橋、その後造られた新橋を常盤橋と称する。

概要[編集]

1880年(明治13年)頃の常盤橋

元は「大橋」と称され、江戸城の大手門から浅草に直接向かう本町通り(現在の江戸通りの原型とされる)上に置かれていた。また、浅草に通じていることから「浅草口橋」とも呼ばれた。

太田道灌と親交が厚かった正宗龍統が記した『江戸城静勝軒詩序并江亭記等写』に登場する河口に架かる高橋を当時の平川(現在の神田川・日本橋川)の河口付近にあったと推定されている常盤橋に当てる説(菊池山哉説ほか)があるが、賛否両論がある。その一方、永禄11年(1568年)に北条氏政下総国高城胤辰を江戸城防衛のために駐屯させた「江城大橋宿」は大橋(常盤橋)そばにあった宿場町であったとする説もある。徳川家康による江戸の再整備後に日本橋が誕生して江戸の交通が南北を軸にする以前は、江戸城及び大橋(常盤橋)を中心とした東西の軸によって陸路が形成されていたと考えられている(江戸城の西の道は鎌倉府中に、大橋を通る東の道は浅草を経由して奥州房総に連絡していたと考えられている)。

ただし、大橋が架かる日本橋川は徳川家康の関東移封後に開削されたとも考えられており、その場合は常盤橋もそれ以前には存在しないことになる。この場合、当時の平川は日比谷入江に注いでおり、そこに架かっていた現在の江戸城大手門の橋(大手橋)は三ノ丸が内城に取り込まれるまでは大橋と呼称されていた(『別本慶長江戸図』『慶長江戸絵図』、それまでは現在の二ノ丸下乗門を大手門としていた)。『東京市史稿』では高橋は大橋=大手門として、当時の江戸市街の中心がそこにあったとしている。

寛永6年(1629年)、常盤橋の前に常盤橋門が設置され、この頃に「常盤橋」の名称が登場したと考えられている。「常盤」の由来については、『金葉和歌集』(巻1)の「色かへぬ松によそへて東路の常盤のはしにかかる藤浪」に由来する説や、「徳川氏=松平氏」と松が持つ常盤(常緑)を掛けて同氏の繁栄が続く事を願ったとする説がある。江戸の交通の中心は日本橋にその地位を譲ったものの、常盤橋から浅草方面の途中には「伝馬町」「馬喰町」など運送業者に由来する町(名)が引き続き栄えていた。

明治になってから、石造のアーチ橋の常盤橋が造営されたものの、手狭であることから後に現在の常盤橋が造営されて、旧橋は「常磐橋」と呼ばれるようになった。平成19年(2007年3月28日に常磐橋・常盤橋はともに千代田区景観まちづくり重要物件に指定された。

旧橋は経年と東北地方太平洋沖地震の影響による損傷で2011年より通行禁止となっていたが、2013年より修復工事が行われている。

参考文献[編集]

  • 鈴木理生「常盤橋」(『国史大辞典 10』(吉川弘文館、1989年) ISBN 978-4-642-00510-4
  • 齋藤慎一「中近世移行期の都市江戸」(『中世東国の道と城館』東京大学出版会、2010年 ISBN 978-4-13-020147-6 第15章)

外部リンク[編集]

関連項目[編集]