荒川横堤

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
さいたま市桜区の横堤

荒川横堤(あらかわよこてい)は、埼玉県荒川周辺にある治水構造物(横堤)である。

概要[編集]

1910年(明治43年)8月に起きた明治43年の大水害1913年(大正2年)-1914年(大正3年)の水害を機に抜本的な治水計画を樹立する。計画は荒川の上流部と下流部に分けられ、下流部では明治44年に荒川放水路事業に着手(昭和5年竣工)、上流部の改修は下流部の進捗をみながら大正7年に着手された。上流部では低水路の屈曲を矯正して通水力を増大し、堤外に設けられた横堤と広い河川敷により遊水機能を高めるとともに農地を保護し、下流への流量調節に努めることが定められた[1]

横堤の特徴として本堤に対して横方向に築かれた堤防であることが挙げられる。横方向に築かれた堤防は、かつて旧熊谷堤に存在した万平出しがある。[2]万平出しが築かれた当時は関東流の堤防[3]であり、増水時には対岸の堤防決壊を引き起こし紛争の種であった。紀州流を取り入れ広い河川敷を設けることにより、遊水機能と流量調節がある横方向に築かれた堤防こそが横堤であり、荒川独特の治水施設である。

そのため2008年度、土木学会選奨土木遺産に選定された[4][5]

横堤[編集]

27本の横堤(右岸側13本、左岸側14本)が建設され[6][7]、2017年現在25本の横堤が存続されている[5]開平橋より上流側は右岸側に造成され、それより下流側は主に左岸側に造成されている。横堤の位置は交通要路である県道一致させたため[8]橋梁の接続部分となっている横堤も少なくない。

  • 北吉見横堤 - 糠田橋右岸側[5]
  • 東吉見第二横堤 - 御成橋右岸側[5]
  • 東吉見第一横堤[5] - 下流側に向けて斜角が付けられており、厳密には羽衣堤(はごろもてい)である[9]
  • 八保第二横堤[5]
  • 八保第一横堤 - 太郎右衛門橋右岸側[5]
  • 出丸第三横堤[5]
  • 出丸第二横堤[5] - 樋詰橋右岸側へのアクセス道路。
  • 出丸第一横堤[5]
  • 植木第二横堤[5]
  • 植木第一横堤 - 開平橋右岸側[5]
  • 植水横堤 - 1929年(昭和4年)11月13日着工、1934年(昭和9年)3月31日竣工[10]
  • 馬宮第三横堤 - 1934年(昭和9年)8月25日着工、1935年(昭和10年)3月30日竣工[10]川越線荒川橋梁左岸側[5][11][12][注釈 1]
  • 馬宮第二横堤 - 1929年(昭和4年)11月13日着工、1934年(昭和9年)3月31日竣工[10]
  • 馬宮第一横堤 - 1929年(昭和4年)11月13日着工、1934年(昭和9年)3月31日竣工[10]。工事の中断期間を有する[6]治水橋左岸側[5]
  • 指扇第二横堤 - 1951年(昭和26年)6月16日着工、1951年(昭和26年)9月30日竣工[10]
  • 指扇第一横堤 - 1951年(昭和26年)6月16日着工、1951年(昭和26年)9月30日竣工[10]
  • 土合第二横堤 - 1929年(昭和4年)11月着工、1934年(昭和9年)3月竣工[13]
  • 土合第一横堤 - 1929年(昭和4年)11月着工、1934年(昭和9年)3月竣工[13]秋ヶ瀬橋左岸側[5]
  • 宗岡第二横堤[5] - 1929年(昭和4年)着工、1931年(昭和6年)竣工。
  • 宗岡第一号横堤 - 秋ヶ瀬橋右岸側の位置に築造された。旧秋ヶ瀬橋の橋台として利用されていたが、新しい秋ヶ瀬橋が作られたときに撤去されたため、現存しない。堤内には旧秋ヶ瀬橋の橋台が現存している[14]
  • 大久保第三横堤[5]
  • 大久保第二横堤[5]
  • 大久保第一横堤 - 羽根倉橋左岸側[5]
  • 南畑横堤 - 羽根倉橋右岸側[5]
  • 美谷本第三横堤[5] - 荒川彩湖公園の南側に現存しているが、先端部分は彩湖にかかるため削られている[15]
  • 美谷本第二横堤[5] - 彩湖道満グリーンパークの北側に現存しているが、先端部分は彩湖にかかるため削られている[16]
  • 美谷本第一横堤 - 幸魂大橋の位置に築造された。現在は荒川水循環センターの建設に伴い本堤になってしまったため、現存しない[17]

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 『荒川上流改修六十年史』177、178頁には、計画では上杠橋(旧上江橋)とされていた。

出典[編集]

  1. ^ 改修の歴史(その1) - 荒川上流河川事務所(荒川上流部改修100年)
  2. ^ 熊谷桜堤 - 荒川上流部改修100年
  3. ^ 治水技術の系譜 -「関東流」と「紀州流」- - 荒川上流部改修100年
  4. ^ 土木学会 選奨土木遺産 - 土木学会、2016年7月6日閲覧。
  5. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v 洪水を受け止める横堤 (PDF)”. 国土交通省 関東地方整備局 荒川上流河川事務所(荒川上流部改修100年). 2017年2月2日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年5月17日閲覧。
  6. ^ a b 『馬宮のあゆみ〜荒川の流れとともに〜』226-227頁。
  7. ^ 昭和29年 荒川上流改修工事概要 建設省関東地方建設局 12頁。
  8. ^ 『荒川上流改修六十年史』177、178頁
  9. ^ 長門昇 (1998, p. 252)
  10. ^ a b c d e f 『大宮のむかしといま』226頁。
  11. ^ 『ポタもやべ 荒川自転車散策1』 アイナフォトブックス 37-40頁。
  12. ^ 『川越線荒川橋梁工事誌』4頁、5頁
  13. ^ a b 国指定特別天然記念物「田島ケ原サクラソウ自生地」保存管理計画策定委員会 第10回資料 (PDF)”. さいたま市. p. 16 (2013年12月16日). 2017年2月5日閲覧。
  14. ^ 『ポタもやべ 荒川自転車散策1』 アイナフォトブックス 60-61頁。
  15. ^ ポタもやべ 荒川自転車散策1 アイナフォトブックス 65頁
  16. ^ ポタもやべ 荒川自転車散策1 アイナフォトブックス 65頁・67頁
  17. ^ 『ポタもやべ 荒川自転車散策1』 アイナフォトブックス 66-69頁。

参考文献[編集]

  • 『大宮のむかしといま』、大宮市、1980年(昭和55年)11月3日発行。
  • 「馬宮のあゆみ」刊行委員会編集発行『馬宮のあゆみ〜荒川の流れとともに〜』、1992年11月5日。
  • 『ポタもやべ 荒川自転車散策1』 アイナフォトブックス発行、2015年12月27日。27本の横堤を自転車で回っており、27本の場所や横堤にまつわる雑学を紹介している。
  • 『荒川上流改修六十年史』関東地方建設局 建設省関東地方建設局荒川上流工事事務所発行、1979年12月。資料性が高いが一覧表には「植木第一、第二横堤」が抜けている。
  • 『郷土 志木 第34号』志木市郷土史研究会 2005年。非常によく調べられて資料性も高いが、植木第2横堤が抜けている。
  • 長門昇 『建築・土木用語がわかる辞典』 日本実業出版社、1998年7月20日ISBN 4-534-02806-7

関連項目[編集]

  • 田島ヶ原 - 秋ヶ瀬橋左岸側の土合第一横堤脇に所在。
  • 旧荒川 - 横堤が寸断しているところが4箇所ある。
  • 猿尾堤 - 木曽川流域に所在した堤防に対して直角方向に築かれた施設。流量調節により本堤防の決壊を防ぐが、遊水機能は目的とされない。
  • 重瀬

外部リンク[編集]

  • 近代改修の遺産横堤 - 国土交通省関東地方整備局 荒川上流河川事務所(荒川上流部改修100年)
  • 荒川の横堤 - NPO法人エコシティ志木(志木まるごと博物館河童のつづら)