狩勝信号場

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
狩勝信号場
かりかち
Karikachi
落合 (7.9km)
(8.9km) 新内
所在地 北海道空知郡南富良野村落合
所属事業者 日本国有鉄道
所属路線 根室本線
キロ程 119.0km(滝川起点)
開業年月日 1907年(明治40年)9月8日
廃止年月日 1966年(昭和41年)10月1日
備考 1951年4月?より旅客扱い。新線ルート移行に伴い廃止。
テンプレートを表示
1977年上空より撮影の狩勝信号場跡。左が落合方面、右が新得方面。約1×1.5km範囲。中央より少し左側に上下斜めに構内があり、中央より上が引き込み線、下が折り返し線となっていた。それを中央でクロスして左側端中央から右下へ逆S字を描いて本線が敷かれ、その右下側(新得側)は約1km長の狩勝トンネルとなっていた。構内中央より少し下側にトンネル入口、写真右端中央より下側、展望台の斜め上方向に筋状に出口の軌道跡が残されている。トンネルの上にはかつては防風雪林が植栽されていたが、この写真では丸裸になって小川筋や多くの地割れが見える。国土交通省 国土画像情報(カラー空中写真)を基に作成

狩勝信号場(かりかちしんごうじょう)は、かつて北海道空知郡南富良野村落合に存在した、日本国有鉄道根室本線信号場である。1951年からは仮乗降場を併設して旅客扱いも行っていたが、1966年に勾配の緩やかな新線ルートの開通に伴い廃止された。

概要[編集]

1907年(明治40年)、後に根室本線の母体となった釧路線の落合 - 帯広間開業に伴い、前後を25パーミルの長距離勾配区間(特に新内駅側からはほぼその全区間が25パーミルの勾配)で挟まれた狩勝峠に、蒸気機関車への給水給炭施設として開設された。当時は「信号所」といった形態の種別がなかったため、旅客貨物取扱い等の一般営業を行わない「停車場(駅)」とされていたが、実態は信号所と同じであった[1]。1922年(大正11年)から正式に信号場となった。旅客取扱いは戦後の1951年(昭和26年)から開始されたが[2][3]、昭和初期の資料では、既に単式ホームが備えられていた[4]。新内方面の本線は構内からすぐに狩勝トンネルが接しており、新線ルート(新狩勝トンネル)への切り替えの理由の一つとなった戦後の労働争議の舞台となった。

歴史[編集]

  • 1907年(明治40年)9月8日 - 給水給炭所として、旅客貨物を取扱わない停車場(駅扱い)として開設[5]
  • 1922年(大正11年)4月1日 - 信号場となる[5]
  • 1951年(昭和26年)4月1日? - 仮乗降場として旅客取扱い開始。[5][6]
  • 1966年(昭和41年)10月1日 - 新線ルート供用開始に伴い、廃止[5]

信号場の構造[編集]

  • 新内方に折り返し線が並行し、折り返して本線とクロスして落合方にある2本の引き込み線へ接続した。(落合方からは、折り返し線で折り返して引き込み線へ入り、待機した後直接新内方へ出発。新内方からは、直接引き込み線へ入って待機した後、折り返し線で折り返して落合方へ出発した。)引き込み線に並行して留置線が1本用意されていた。本屋はクロス点より引き込み線側に若干寄った東側に設置されていた。
  • 本線の片方がすぐにトンネルになっているなど、ロケーションも含め、常紋信号場の構造と殆ど同じ。

隣の駅[編集]

日本国有鉄道
根室本線 旧線(廃止)
落合駅 - 狩勝信号場 - 新内駅

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 北海道鉄道百年史 上巻のように最初から信号所と断定して書かれている書籍もある。正式には1921年(大正10年)10月14日付け通達の鉄道省令第2号国有鉄道建設規定により(実施は翌大正11年4月1日から)改めて「停車場」や「信号場」、「信号所」が定義されたのを受け、信号場となった。
  2. ^ 当時の全国時刻表では索引地図にのみ仮乗降場を示す「(仮)狩勝」と書かれていた。また駅舎(本屋)には「狩勝峠」という看板が掲げられていた。
  3. ^ 優等列車以外の普通旅客列車は全て停車した。
  4. ^ 昭和3年版 線路一覧略図 札幌鉄道局発行。
  5. ^ a b c d 停車場変遷大事典 国鉄・JR編II 1998年10月 JTB発行。
  6. ^ 官報に通達なし。局設定かどうか不明。ただし全国時刻表にこの日から掲載。