円筒分水

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
音無井路十二号分水。大分県竹田市

円筒分水(えんとうぶんすい)は、農業用水などを一定の割合で正確に分配するために用いられる利水施設。円筒状の設備の中心部に用水を湧き出させ、円筒外周部から越流、落下する際に一定の割合に分割される仕組みとなっている。地域によっては「円形分水」(えんけいぶんすい)とも呼ばれる。土木工事分野では「円筒分水工」(えんとうぶんすいこう、: circular tank diversion works[1])と呼ばれる。原義は工事の名称だが、完工した設備についても同様に呼ばれる。

構造[編集]

円筒分水平面図。
図の例では、(1)、(2)、(3) はそれぞれ 3:1:4 の割合で分配される。

サイフォンの原理などを利用して円筒中心部に水を導き、その水が円筒外縁部を越流する際に外縁部に設けた仕切りで分配するものや、外縁部に設けた穴の数によって分配するものなどがある。

右図は外縁部を越流させる構造の場合を図示したもので、外縁部に設ける仕切りの間隔とその比率で、用水が正確に分配される。 仕切りの間隔がそのまま分水比を示すため、分配される水量が外観から把握でき、流量を勝手に変更するような不正が行われにくい。


歴史[編集]

修復のため、水を抜かれた久地円筒分水

水田耕作が主体であった日本では、各地で農業用水の確保にまつわる紛争(水論、水争い)が絶えず、農業用水の正確な分水は長く懸案であった。そこで、大正年間より正確な配水が可能な分水樋が考案され、各地で似た構造の施設が造られはじめた。

当初は高低差を利用して導水する方式のものが造られたが、1934年昭和9年)になると福島県長野県などで地下から吹き上げる方式のものが造られるようになった。ただし長野県に造られた施設では円筒を使わず、分水樋の中央に吹き上げられた水が放射状に拡がる原理を利用したもので、流水量に偏りが生じるといった欠点もあった。

上記の欠点を克服するために、円筒状に組んだコンクリート設備の中心にサイフォンの原理で導水し、円筒を越流させて分水する方式が考案された。この方式を採用したのが神奈川県川崎市高津区久地にある久地円筒分水(国の登録有形文化財)で、同地にあった二ヶ領用水の分水樋の改修に際し、1941年昭和16年)に造られたものである。この方式により平地の用水路でも正確な分水を実現できたため、以降、同様の方式のものが全国各地に造られるようになった。

現存する円筒分水[編集]

初期[編集]

横井清水(艶三郎の井)

その他[編集]

  • 貝田新円筒分水槽(片貝川水系、富山県魚津市貝田新)と東山円筒分水槽(片貝川水系、魚津市東山)
    1955年昭和30年)完成。片貝川をはさみ、上部(左岸)にある貝田新円筒分水槽から湧き出す水は、片貝川を横断する地下サイフォンと水路(地下5.5m)を通り下部(右岸)の東山円筒分水槽(直径9.12m、高さ約2.5m)に湧き出し、河岸段丘側の天神野用水、扇状地側の青柳用水、東山用水に分配される。片貝川が急流のため、東山円筒分水槽では湧き出す水の落差が大きく「日本一美しい円筒分水槽」といわれる[5]2009年平成21年)に、「とやまの文化財百選(とやまの近代歴史遺産部門)」に選定、また魚津市水循環遺産に登録されているほか、うるおい環境とやま賞「水の賞」を受賞している[5]
  • 上市町円筒分水槽(上市川水系、富山県中新川郡上市町釈泉寺)
    1959年昭和34年)完成。コンクリート造り、直径9.3m。2009年(平成21年)に、「とやまの文化財百選(とやまの近代歴史遺産部門)」に選定されている。
  • 通潤用水小笹円形分水(緑川水系笹原川熊本県上益城郡山都町
    1956年(昭和31年)完成。石橋・水路橋で有名な通潤橋の取水口から数百メートル下流にあり、「野尻用水」と水を分けるために作られた。
  • 胆沢平野の円筒分水工胆沢扇状地岩手県胆沢川流域)
    1957年(昭和32年)完成。石淵ダム建設と平行して開始された農業水利事業の一環として施工。農業用としては日本最大級[6]
  • 安積疏水(白江幹線)(阿武隈川水系、福島県須賀川市泉田)
    完成年不明。安積疏水の末端水路白江幹線の分水施設[注釈 1]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 農業土木遺産をたずねての挿絵に使用されている。

出典[編集]

  1. ^ 河川・水資源日英用語集編集委員会「EXCEL/PDIC対応 河川・水資源 日英用語集 version 2004/5」より。
  2. ^ 蔵王町くらしの情報 / 暮らしの案内 / 産業・建設 / 疣岩分水工
  3. ^ 疣岩円形分水工 | 土木学会 選奨土木遺産
  4. ^ 宮城県・蔵王町観光協会 » 疣岩分水工
  5. ^ a b 『立山黒部ジオパーク 浪漫紀行 東山円筒分水槽 「美しさ日本一」』北日本新聞 2017年10月27日7面
  6. ^ 円筒分水工の歴史”. 胆沢平野土地改良区. 2017年4月13日閲覧。

参考文献[編集]

  • 『とやまの文化財百選シリーズ(6) とやまの近代歴史遺産』(富山県教育委員会 生涯学習・文化財室)2010年(平成22年)3月発行

関連項目[編集]

外部リンク[編集]