奥出雲町

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
おくいずもちょう
奥出雲町
Flag of Okuizumo, Shimane.svg
奥出雲町旗
Symbol of Okuizumo Shimane.svg
奥出雲町章
町旗・町章、共に2005年平成17年)11月21日制定
日本の旗 日本
地方 中国地方山陰地方
中国・四国地方
都道府県 島根県
仁多郡
団体コード 32343-8
法人番号 9000020323438
面積 368.01 km²
総人口 12,454
推計人口、2017年10月1日)
人口密度 33.8人/km²
隣接自治体 安来市雲南市
広島県庄原市
鳥取県日野郡日南町
町の木 石楠花
(2006年6月20日制定)
町の花 もみじ
(2006年6月20日制定)
奥出雲町役場
所在地 699-1592
島根県仁多郡奥出雲町三成358番地1
北緯35度11分50.9秒東経133度0分8.9秒
Okuizumo town hall.JPG
外部リンク 奥出雲町役場

奥出雲町位置図

― 市 / ― 町 / ― 村

 表示ノート編集履歴 ウィキプロジェクト
鬼の舌震
奥出雲おろちループ

奥出雲町(おくいずもちょう)は、島根県仁多郡

地理[ソースを編集]

島根県の東部の山間地域に位置し、中国山地の準平原面にあたる200m~400mの起伏の緩やかな山地が多いものの、横田・馬木・亀嵩・阿井などには広い盆地が発達している。急峻な山地は県境付近と雲南市との境周辺に限られる。

一級河川斐伊川の源流部にあたり、その支流として室原川、亀嵩川、大馬木川、三沢川、八代川、阿井川などがある。主な山は南部地域に出雲地域の最高峰でもある猿政山(1267m)があり、その他船通山(1142m)、吾妻山(1238m)、鯛ノ巣山(1026m)などがある。広島島根県境付近では江の川水系と斐伊川水系の間に顕著な河川争奪地形が見られ、斐伊川水系側に急峻な地形が発達している(典型例:三井野原・平家平、上阿井王貫峠)。このエリアは、豊かな自然に恵まれていることから比婆道後帝釈国定公園に指定されている。

町域の大部分は中生代白亜紀最末期から新生代第三紀の花崗岩をはじめとする深成岩体からなり、一部に白亜紀後期および第三紀の火山岩があり、わずかに中期中新世の堆積岩、第四紀の玄武岩などが露出する。深成岩類の多くは深部風化のため真砂化(マサ化)しており、これより産する砂鉄を利用した「たたら製鉄」が盛んに行われた。

歴史[ソースを編集]

経済[ソースを編集]

産業[ソースを編集]

本社を置く主要企業[ソースを編集]

工場・事業所を置く主要企業[ソースを編集]

地域[ソースを編集]

人口[ソースを編集]

Demography32343.svg
奥出雲町と全国の年齢別人口分布(2005年) 奥出雲町の年齢・男女別人口分布(2005年)
紫色 ― 奥出雲町
緑色 ― 日本全国
青色 ― 男性
赤色 ― 女性
奥出雲町(に相当する地域)の人口の推移
1970年 20,878人
1975年 19,398人
1980年 19,057人
1985年 18,706人
1990年 18,100人
1995年 17,426人
2000年 16,689人
2005年 15,812人
2010年 14,456人
2015年 13,063人
総務省統計局 国勢調査より

教育[ソースを編集]

小学校[ソースを編集]

  • 奥出雲町立布勢小学校
  • 奥出雲町立三成小学校
  • 奥出雲町立高尾小学校
  • 奥出雲町立亀嵩小学校
  • 奥出雲町立高田小学校
  • 奥出雲町立阿井小学校
  • 奥出雲町立三沢小学校
  • 奥出雲町立鳥上小学校
  • 奥出雲町立横田小学校
  • 奥出雲町立八川小学校
  • 奥出雲町立馬木小学校

中学校[ソースを編集]

  • 奥出雲町立横田中学校
  • 奥出雲町立仁多中学校

高等学校[ソースを編集]

専門学校[ソースを編集]

交通[ソースを編集]

出雲三成駅
出雲横田駅

鉄道[ソースを編集]

道路[ソースを編集]

一般国道[ソースを編集]

道の駅[ソースを編集]

バス[ソースを編集]

  • 奥出雲交通 - 町内は大人200円・小児100円均一。同社は奥出雲町が96%、一畑電気鉄道が4%を出資している第三セクターのバス事業者。
    • 元々は一畑電気鉄道(現在は分社化され路線バスは一畑バスとして運行)三成営業所の廃止に伴い、仁多町(当時)が96%、一畑電気鉄道が4%を出資して第三セクターの新会社・仁多交通を設立し、1996年5月1日に旧仁多町で運行を開始。同時に、同じ三成営業所が担当していた旧横田町は日ノ丸自動車(日ノ丸バス)が引き継いだ。
    • その後、合併により奥出雲町となったことに伴い、効率化のためバス路線の一元化を図ることになった。一元化は2005年10月1日に実施され、仁多交通は奥出雲交通に改称し日ノ丸自動車(日ノ丸バス)が運行していた旧横田町の路線はすべて奥出雲交通へ移管され、旧横田町内の運賃も旧仁多町の運賃に統一するため大人150円・小児80円均一から大人200円・小児100円均一へ値上げされた。

名所・旧跡・観光スポット・祭事・催事[ソースを編集]

重要文化的景観[ソースを編集]

「奥出雲たたら製鉄及び棚田の文化的景観」で町域全体に分布する製鉄場跡と棚田重要文化的景観に選定されている。奥出雲の棚田は、製鉄に必要な砂鉄木炭を確保するためを切り崩し、その跡地地形を棚田に転用した二次産業工業)から一次産業農業)への変遷を物語るものである。稲原・追谷・山県・小万歳・旭・大谷・雨川・真地・福原の各集落から成る。
2016年、日本遺産の「出雲國たたら風土記 ~鉄づくり千年が生んだ物語~」として安来市・雲南市とともに認定された。

名物・特産品[ソースを編集]

関連項目[ソースを編集]

脚注[ソースを編集]

  1. ^ 未来へ伝えたい山陰の遺産、山陰中央新報2008年10月20日

外部リンク[ソースを編集]

行政
観光