剣淵駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
剣淵駅
駅舎(2017年10月)
駅舎(2017年10月)
けんぶち
Kembuchi
W39 東六線 (3.8km)
(5.0km) 北剣淵 W41
所在地 北海道上川郡剣淵町仲町
駅番号 W40
所属事業者 JR logo (hokkaido).svg北海道旅客鉄道(JR北海道)
所属路線 宗谷本線
キロ程 45.2km(旭川起点)
電報略号 ケヌ
駅構造 地上駅
ホーム 2面2線
開業年月日 1900年(明治33年)8月5日
備考 簡易委託駅(駅外)
テンプレートを表示

剣淵駅(けんぶちえき)は、北海道上川郡剣淵町仲町にある北海道旅客鉄道(JR北海道)宗谷本線である。駅番号W40電報略号ケヌ

歴史[編集]

1977年の剣淵駅と周囲約500m範囲の状況。上が名寄方面。国鉄配線型千鳥式ホーム2面3線及び駅舎横旭川側に引込み線、さらにその南側に立ち並ぶ農協倉庫前へ専用線[1]。駅裏は貨物積卸場と木材が野積みされた広いストックヤードがある。1983年出版資料の構内配線図[2]によるとストックヤード側にもう1線旭川側から側線が引きこまれているが、この時点では不明。国土交通省 国土画像情報(カラー空中写真)を基に作成

駅名の由来[編集]

アイヌ語の「ケネ(ペッ)プチ[6]」〔ハンノキ(・川)・その川口〕に由来する、などの説がある[7]

駅構造[編集]

  • 2面2線の相対式ホームを持つ地上駅。西側1番線が一線スルーとなっている。ホーム間の移動は跨線橋を使う。
  • 士別駅管理の無人駅だが、駅前商店で乗車券を扱っている、簡易委託駅である。営業時間7時00分~19時00分、日祝休み。

駅周辺[編集]

剣淵町の中心駅。街としての機能がそろう。

隣の駅[編集]

北海道旅客鉄道(JR北海道)
宗谷本線
快速「なよろ
和寒駅 (W38) - 剣淵駅 (W40) - 士別駅 (W42)
普通
(※)東六線駅 (W39) - 剣淵駅 (W40) - (※)北剣淵駅 (W41)
(※)一部列車は東六線駅・北剣淵駅を通過する。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 昭和45年版全国専用線一覧にて剣淵農協、作業距離0.4km。
  2. ^ 『国鉄全線全駅各駅停車1 北海道690駅』1983年小学館発行。
  3. ^ a b c d 『歴史でめぐる鉄道全路線 国鉄・JR』 通巻20号 宗谷本線/留萌本線 14頁
  4. ^ a b c d e 停車場変遷大事典 国鉄・JR編 II、P898。
  5. ^ 『歴史でめぐる鉄道全路線 国鉄・JR』 通巻20号 宗谷本線/留萌本線 17頁
  6. ^ アイヌ語ラテン翻字: kene(-pet)-puci
  7. ^ アイヌ語地名リスト キト~コム P41-50P”. アイヌ語地名リスト. 北海道 環境生活部 アイヌ政策推進室 (2007年). 2017年10月19日閲覧。

参考文献[編集]

  • 本久公洋 『北海道鉄道駅大図鑑』 北海道新聞社2008年
  • 曽根悟(監修) 『週刊 歴史でめぐる鉄道全路線 国鉄・JR』20号・宗谷本線/留萌本線、朝日新聞出版分冊百科編集部(編集)、朝日新聞出版〈週刊朝日百科〉、2009年11月2日、5-17頁。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]