美深駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
美深駅
JR-Bifuka-Station01.JPG
駅舎(2019年4月)
びふか
Bifuka
W52 智北 (5.0 km)
(3.6 km) 初野 W55
所在地 北海道中川郡美深町開運町1番地1[JR北 1]
北緯44度28分59.82秒 東経142度21分01.03秒 / 北緯44.4832833度 東経142.3502861度 / 44.4832833; 142.3502861
駅番号 W54
所属事業者 北海道旅客鉄道(JR北海道)
所属路線 宗谷本線
キロ程 98.3 km(旭川起点)
電報略号 ヒカ
駅構造 地上駅
ホーム 2面2線
乗降人員
-統計年度-
114人/日
-2018年-
開業年月日 1911年明治44年)11月3日
備考 簡易委託駅[1]
テンプレートを表示
美深駅
びふか
Bifuka
(4.3km) 東美深
所属事業者 日本国有鉄道(国鉄)
所属路線 美幸線
キロ程 0.0 km(美深起点)
駅構造 地上駅
開業年月日 1964年昭和39年)10月5日
廃止年月日 1985年(昭和60年)9月17日
テンプレートを表示

美深駅(びふかえき)は、北海道中川郡美深町開運町[JR北 1]にある北海道旅客鉄道(JR北海道)宗谷本線である。駅番号W54電報略号ヒカ事務管コードは▲121824[2]特急「宗谷」「サロベツ」が停車し、かつては美幸線が分岐した。

歴史[編集]

美深駅を中心に周囲約1km範囲を写した航空写真。1977年度撮影。上が稚内方面。国鉄型配線ホーム2面3線。駅舎横の稚内側に貨物ホームと引込み線、ホーム外側に多数の副本線がある。駅裏は広いストックヤードと、若松町から南町にかけて製材所が立ち並び、名寄側に引込み線がある。駅裏の製材所の殆どが今は無い。国土交通省 国土地理院 地図・空中写真閲覧サービスの空中写真を基に作成

駅名の由来[編集]

開業時の所在地名(下名寄村字ピウカ[3])に漢字をあてたもの。1920年(大正10年)には自治体名となっている[5]。当初の読みは「ぴうか」であったが[3]、美深村(→美深町)発足後に現在の読みに改められている。

駅構造[編集]

相対式ホーム2面2線を持つ地上駅。ホーム間の移動は跨線橋を使う。美深町による簡易委託駅であり、窓口では道内の主要駅までの乗車券・特急券指定席券・定期券等を扱う[8]名寄駅管理。

駅舎は「美深町交通ターミナル」と称し、美深町第3セクター運営の売店、美深町観光協会[9]や観光案内所などが入居する[5]。また、2階には「美幸線資料室[注釈 1]」が併設されている[6]

屋上には廃止された美幸線を偲んで作られた「美幸の鐘」があり[6]、稚内行特急「宗谷」到着時および15時に鳴らされる。なお、「美幸の鐘」は、夜間は緑色にライトアップされる[6]

のりば[編集]

番線 路線 方向 行先
1 宗谷本線 下り 音威子府稚内方面
2 上り 名寄旭川方面

利用状況[編集]

乗車人員の推移は以下の通り。出典元が「乗降人員」となっているものについては1/2とした値を括弧書きで1日平均乗車人員の欄に示し、備考欄で元の値を示す。

また、「JR調査」については、当該の年度を最終年とする過去5年間の各調査日における平均である。

乗車人員推移
年度 乗車人員(人) 出典 備考
年間 1日平均 JR調査
2012年(平成24年) 99 [7]
2015年(平成27年) 「10名以上」 [JR北 2]
2016年(平成28年) 104.2 [JR北 3]
2017年(平成29年) 88.2 [JR北 4]
2018年(平成30年) 79.0 [JR北 5]
2019年(令和元年) 66.4 [JR北 6]
2020年(令和02年) 55.0 [JR北 7]
2021年(令和03年) 42.2 [JR北 8]

駅周辺[編集]

隣の駅[編集]

北海道旅客鉄道(JR北海道)
宗谷本線
普通
智恵文駅 (W51) - *智北駅 (W52) - **南美深駅 (W53) - 美深駅 (W54) - *初野駅 (W55) - 恩根内駅 (W57)
*:上り最終列車は初野駅・智北駅を通過する。
**:打消線は廃駅

かつて存在した路線[編集]

日本国有鉄道(国鉄)
美幸線
美深駅 - 東美深駅

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ 仁宇布駅の駅名標、硬券乗車券など展示[6]

出典[編集]

  1. ^ a b “JR美深駅の簡易委託を開始します” (PDF). 広報びふか (美深町): p. 12. (2016年5月号). オリジナルの2016年5月19日時点におけるアーカイブ。. https://megalodon.jp/2016-0519-2245-24/www.town.bifuka.hokkaido.jp/cms/section/soumu/i63vp60000006h8q-att/i63vp60000006hev.pdf 2016年5月19日閲覧。 
  2. ^ 日本国有鉄道旅客局(1984)『鉄道・航路旅客運賃・料金算出表 昭和59年4月20日現行』。
  3. ^ a b c “鉄道院告示 第92号”. 官報 (大蔵省印刷局) (8510). (1911-10-31). NDLJP:2951867. https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/2951867/2. 
  4. ^ a b c 曽根悟(監修) 著、朝日新聞出版分冊百科編集部 編 『週刊 歴史でめぐる鉄道全路線 国鉄・JR』 20号・宗谷本線/留萌本線、朝日新聞出版〈週刊朝日百科〉、2009年11月2日、14-17,27頁。 
  5. ^ a b c d e f 美深町のあゆみ (PDF)”. 美深町 (2014年12月). 2020年6月13日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年6月13日閲覧。
  6. ^ a b c d e f 『鉄道ジャーナル』通巻654号 p.29
  7. ^ a b “全駅DATA 石北本線②(上川~網走) 宗谷本線”. 週刊JR全駅・全車両基地 (朝日新聞出版) (No.60): pp.19-27. (2013-10-03). 
  8. ^ 美深駅窓口営業時間のお知らせ”. 美深町 (2021年6月7日). 2022年3月24日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年3月24日閲覧。
  9. ^ 当協会について”. 美深町観光協会. 2019年10月19日閲覧。
  10. ^ 仁宇布線運行経路図 (PDF)”. 名士バス. 2020年10月15日閲覧。

JR北海道[編集]

  1. ^ a b c d 駅の営業内容見直しについて”. 北海道旅客鉄道 (2016年4月12日). 2022年3月23日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年3月23日閲覧。
  2. ^ 極端にご利用の少ない駅(3月26日現在) (PDF)”. 平成28年度事業運営の最重点事項. 北海道旅客鉄道. p. 6 (2016年3月28日). 2017年9月25日閲覧。
  3. ^ 宗谷線(名寄・稚内間) (PDF)” (日本語). 北海道旅客鉄道 (2017年12月8日). 2017年12月30日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年12月30日閲覧。
  4. ^ 宗谷線(名寄・稚内間) (PDF)” (日本語). 北海道旅客鉄道 (2017年7月2日). 2017年12月30日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年7月13日閲覧。
  5. ^ 宗谷線(名寄・稚内間) (PDF)”. 線区データ(当社単独では維持することが困難な線区)(地域交通を持続的に維持するために). 北海道旅客鉄道. p. 3 (2019年10月18日). 2019年10月18日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年10月18日閲覧。
  6. ^ 宗谷線(名寄・稚内間) (PDF)”. 地域交通を持続的に維持するために > 輸送密度200人以上2,000人未満の線区(「黄色」8線区). 北海道旅客鉄道. p. 3・4 (2020年10月30日). 2020年11月2日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年11月3日閲覧。
  7. ^ 駅別乗車人員 特定日調査(平日)に基づく”. 北海道旅客鉄道. 2022年8月3日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年8月14日閲覧。
  8. ^ 駅別乗車人員 特定日調査(平日)に基づく”. 北海道旅客鉄道. 2022年9月3日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年9月3日閲覧。

新聞記事[編集]

  1. ^ “JR北海道 4駅を無人化”. 交通新聞 (交通新聞社). (2016年4月14日) 
  2. ^ “4駅窓口業務終了 奈井江・美幌・留辺蘂・美深 地元から職員配置も”. 北海道新聞 (北海道新聞社). (2016年4月13日). オリジナルの2016年4月15日時点におけるアーカイブ。. https://archive.is/iF4ac 2016年4月15日閲覧。 

参考文献[編集]

  • 武田元秀、山井美希(写真)「最北端最後の砦 孤高の一本道」『鉄道ジャーナル』第55巻第4号(通巻654号)、成美堂出版、2020年4月1日、 24-33頁、 ISSN 0288-2337

関連項目[編集]

外部リンク[編集]