天塩川温泉駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
天塩川温泉駅
JR Soya-Main-Line Teshiogawa-Onsen Station Overall.jpg
駅全体(2017年10月)
てしおがわおんせん
Teshiogawa-onsen
W57 恩根内 (9.4 km)
(3.2 km) 咲来 W60
所在地 北海道中川郡音威子府村字咲来
駅番号 W59
所属事業者 北海道旅客鉄道(JR北海道)
所属路線 宗谷本線
キロ程 121.5 km(旭川起点)
電報略号 テオ
駅構造 地上駅
ホーム 1面1線
乗降人員
-統計年度-
4人/日
-2011年-
開業年月日 1956年(昭和31年)7月1日
備考 無人駅
テンプレートを表示

天塩川温泉駅(てしおがわおんせんえき)は、北海道中川郡音威子府村字咲来にある北海道旅客鉄道(JR北海道)宗谷本線である。駅番号W59

歴史[編集]

1977年の南咲来仮乗降場(天塩川温泉に改名する以前)と周囲約500m範囲。上が稚内方面。名寄側に踏切があり、左横に待合室の屋根が白く見える。ホームは待合室と線路の間に小さく白く見えるが、残りの部分は待合室の影で判別できない。左側の道を下に向かえば、800m程で天塩川対岸の温泉に至る。国土交通省 国土画像情報(カラー空中写真)を基に作成

駅名の由来[編集]

もともと咲来駅の南にあるため「南咲来」と命名されたが[2]、音威子府村の請願により近くにある温泉の名称に改称したもの[1]

駅構造[編集]

稚内方面に向かって左側に、簡易型の単式ホーム1面1線を有する地上駅。側に小さい待合室がある。音威子府村管理の無人駅

利用状況[編集]

  • 2011 - 2015年(平成23 - 27年)の乗降人員調査(11月の調査日)平均は「1名以下」[JR 2]
  • 2012 - 2016年(平成24 - 28年)の乗車人員(特定の平日の調査日)平均は1.0人[JR 3]
  • 2013 - 2017年(平成25 - 29年)の乗車人員(特定の平日の調査日)平均は0.6人[JR 4]
  • 2014 - 2018年(平成26 - 30年)の乗車人員(特定の平日の調査日)平均は0.4人[JR 5]
  • 2015 - 2019年(平成27 - 令和元年)の乗車人員(特定の平日の調査日)平均は0.2人[JR 6]、乗降人員調査(11月の調査日)平均は「1名以下」[JR 7]

1日の平均乗降人員は以下の通りである[3]

乗降人員推移
年度 1日平均人数
2011 4

駅周辺[編集]

畑地などが広がる。駅から天塩川を渡り、およそ700mの所に天塩川温泉がある。

隣の駅[編集]

北海道旅客鉄道(JR北海道)
宗谷本線(上り最終列車は当駅通過)
恩根内駅 (W57) - *豊清水駅 (W58) - 天塩川温泉駅 (W59) - 咲来駅 (W60)
*:打消線は廃駅

脚注[編集]

[脚注の使い方]

出典[編集]

  1. ^ a b c “全駅DATA 石北本線②(上川~網走) 宗谷本線”. 週刊JR全駅・全車両基地 (朝日新聞出版) (No.60): pp.19-27. (2013-10-03). 
  2. ^ a b c 太田幸夫 (2004-02-29). 北海道の駅 878ものがたり ~駅名のルーツ探求~ (1 ed.). 札幌市: 富士コンテム. p. 122. ISBN 4-89391-549-5 
  3. ^ 国土数値情報 駅別乗降客数データ - 国土交通省、2020年9月21日閲覧
  4. ^ “全駅DATA 石北本線②(上川~網走) 宗谷本線”. 週刊JR全駅・全車両基地 (朝日新聞出版) (No.60): pp.19-27. (2013-10-03). 

JR北海道[編集]

  1. ^ “来春のダイヤ見直しについて” (PDF) (プレスリリース), 北海道旅客鉄道, (2020年12月9日), オリジナルの2020年12月9日時点におけるアーカイブ。, https://web.archive.org/web/20201209060401/https://www.jrhokkaido.co.jp/CM/Info/press/pdf/20201209_KO_kaisei.pdf 2020年12月10日閲覧。 
  2. ^ 極端にご利用の少ない駅(3月26日現在) (PDF)”. 平成28年度事業運営の最重点事項. 北海道旅客鉄道. p. 6 (2016年3月28日). 2017年9月25日閲覧。
  3. ^ 宗谷線(名寄・稚内間) (PDF)” (日本語). 線区データ(当社単独では維持することが困難な線区). 北海道旅客鉄道 (2017年12月8日). 2017年12月30日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年12月30日閲覧。
  4. ^ 宗谷線(名寄・稚内間) (PDF)” (日本語). 北海道旅客鉄道 (2017年7月2日). 2017年12月30日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年7月13日閲覧。
  5. ^ 宗谷線(名寄・稚内間) (PDF)”. 線区データ(当社単独では維持することが困難な線区)(地域交通を持続的に維持するために). 北海道旅客鉄道. p. 3 (2019年10月18日). 2019年10月18日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年10月18日閲覧。
  6. ^ 宗谷線(名寄・稚内間) (PDF)”. 地域交通を持続的に維持するために > 輸送密度200人以上2,000人未満の線区(「黄色」8線区). 北海道旅客鉄道. p. 3・4 (2020年10月30日). 2020年11月2日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年11月3日閲覧。
  7. ^ 駅別乗車人員 (PDF)”. 地域交通を持続的に維持するために > 全線区のご利用状況. 北海道旅客鉄道 (2020年10月30日). 2020年11月2日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年11月3日閲覧。

新聞記事[編集]

  1. ^ “無人18駅、自治体管理へ JR北海道 経営難で急拡大”. 北海道新聞. (2021年2月5日). オリジナルの2021年2月6日時点におけるアーカイブ。. https://archive.is/QVPN7 2021年2月7日閲覧。 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]