咲来駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
咲来駅
JR Soya-Main-Line Sakkuru Station building.jpg
駅舎(2017年10月)
さっくる
Sakkuru
W59 天塩川温泉 (3.2 km)
(4.6 km) 音威子府 W61
所在地 北海道中川郡音威子府村字咲来
駅番号 W60
所属事業者 北海道旅客鉄道(JR北海道)
所属路線 宗谷本線
キロ程 124.7 km(旭川起点)
電報略号 クル
駅構造 地上駅
ホーム 1面1線
乗降人員
-統計年度-
2人/日
-2014年-
開業年月日 1912年(大正元年)11月5日
備考 無人駅
テンプレートを表示

咲来駅(さっくるえき)は、北海道中川郡音威子府村字咲来にある北海道旅客鉄道(JR北海道)宗谷本線である。駅番号W60電報略号クル

歴史[編集]

1977年の咲来駅と周囲約500m範囲。上が稚内方面。一見千鳥式ホームに見えるが間にあるのは1線で、単式ホームを2面もつ。さらにその外側に貨物用の副本線、駅舎横の稚内側に貨物積卸場と引込み線がある。駅裏はかつて細長いストックヤードであったが、この時点で既に使われなくなって久しい様子。国土交通省 国土画像情報(カラー空中写真)を基に作成

駅名の由来[編集]

所在地名より。アイヌ語の「サル(sak-ru)」(夏・道)に由来する[3]。夏季に現在の咲来峠を越えてオホーツク海側へ出る交通路であったことによる[3]

駅構造[編集]

周辺の駅と同様に、かつて林業が盛んであった頃は周辺や咲来峠筋の山林から切り出された木材の出荷駅として栄え、稚内方面に向かって左側に木造駅舎とその横の稚内側に荷物積卸場、駅舎の反対側に貨物積卸場を持ち、駅舎を中心とする千鳥状の単式ホーム2面2線と、荷物積卸場へ稚内側から引込み線、外側に貨物積卸用の副本線をそれぞれ有する一般駅であった。

その後、荷物及び貨物取扱い廃止により貨物線の撤去、無人化に伴い駅舎側ホームに棒線化及び旧駅舎の撤去と待合室の設置が行われ、単式ホーム1面1線の無人駅となった。

利用状況[編集]

  • 2011 - 2015年(平成23 - 27年)の乗降人員調査(11月の調査日)平均は「10名以下」[JR 2]
  • 2012 - 2016年(平成24 - 28年)の乗車人員(特定の平日の調査日)平均は1.4人[JR 3]
  • 2013 - 2017年(平成25 - 29年)の乗車人員(特定の平日の調査日)平均は0.4人[JR 4]
  • 2014 - 2018年(平成26 - 30年)の乗車人員(特定の平日の調査日)平均は0.2人[JR 5]
  • 2015 - 2019年(平成27 - 令和元年)の乗車人員(特定の平日の調査日)平均は0.2人[JR 6]、乗降人員調査(11月の調査日)平均は「1名以下」[JR 7]

1日の平均乗降人員は以下の通りである[4]

乗降人員推移
年度 1日平均人数
2011 4
2012 4
2013 2
2014 2

駅周辺[編集]

咲来の集落がある。現在は夏季にライダーハウスとして使用される日本通運の建物や、大きなメインストリートなどに、かつて明治時代に真っ先に駅逓が置かれて稚内方面開拓の中継あるいはオホーツク沿岸の枝幸町との交通の要衝となった集落の繁栄が偲ばれる。

  • 国道40号
  • 天塩川
  • 音威子府村地域バス「旧咲来公民館」停留所
  • ライダーハウス咲来 旧日本通運咲来営業所を改装して使用されている。

隣の駅[編集]

北海道旅客鉄道(JR北海道)
宗谷本線
恩根内駅 (W57) - *天塩川温泉駅 (W59) - 咲来駅 (W60) - 音威子府駅 (W61)
*:上り終電は天塩川温泉駅を通過する。

脚注[編集]

[脚注の使い方]

出典[編集]

  1. ^ “鉄道院告示 第36号”. 官報 (大蔵省印刷局) (75). (1912-10-30). NDLJP:2952172. https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/2952172/2. 
  2. ^ 曽根悟(監修)『週刊 歴史でめぐる鉄道全路線 国鉄・JR』20号・宗谷本線/留萌本線、朝日新聞出版分冊百科編集部(編集)、朝日新聞出版〈週刊朝日百科〉、2009年11月2日、14-17頁。
  3. ^ a b アイヌ語地名リスト ゴ~シブ P51-60P”. アイヌ語地名リスト. 北海道 環境生活部 アイヌ政策推進室 (2007年). 2017年10月19日閲覧。
  4. ^ 国土数値情報 駅別乗降客数データ - 国土交通省、2020年9月21日閲覧

JR北海道[編集]

  1. ^ “来春のダイヤ見直しについて” (PDF) (プレスリリース), 北海道旅客鉄道, (2020年12月9日), オリジナルの2020年12月9日時点におけるアーカイブ。, https://web.archive.org/web/20201209060401/https://www.jrhokkaido.co.jp/CM/Info/press/pdf/20201209_KO_kaisei.pdf 2020年12月10日閲覧。 
  2. ^ 極端にご利用の少ない駅(3月26日現在) (PDF)”. 平成28年度事業運営の最重点事項. 北海道旅客鉄道. p. 6 (2016年3月28日). 2017年9月25日閲覧。
  3. ^ 宗谷線(名寄・稚内間) (PDF)” (日本語). 線区データ(当社単独では維持することが困難な線区). 北海道旅客鉄道 (2017年12月8日). 2017年12月30日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年12月30日閲覧。
  4. ^ 宗谷線(名寄・稚内間) (PDF)” (日本語). 北海道旅客鉄道 (2017年7月2日). 2017年12月30日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年7月13日閲覧。
  5. ^ 宗谷線(名寄・稚内間) (PDF)”. 線区データ(当社単独では維持することが困難な線区)(地域交通を持続的に維持するために). 北海道旅客鉄道. p. 3 (2019年10月18日). 2019年10月18日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年10月18日閲覧。
  6. ^ 宗谷線(名寄・稚内間) (PDF)”. 地域交通を持続的に維持するために > 輸送密度200人以上2,000人未満の線区(「黄色」8線区). 北海道旅客鉄道. p. 3・4 (2020年10月30日). 2020年11月2日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年11月3日閲覧。
  7. ^ 駅別乗車人員 (PDF)”. 地域交通を持続的に維持するために > 全線区のご利用状況. 北海道旅客鉄道 (2020年10月30日). 2020年11月2日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年11月3日閲覧。

新聞記事[編集]

  1. ^ “無人18駅、自治体管理へ JR北海道 経営難で急拡大”. 北海道新聞. (2021年2月5日). オリジナルの2021年2月6日時点におけるアーカイブ。. https://archive.is/QVPN7 2021年2月7日閲覧。 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]