旭川四条駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
旭川四条駅
旭川四条駅 (2004年6月)
旭川四条駅 (2004年6月)
あさひかわよじょう - Asahikawayojō
A28 旭川 (1.8km)
(1.9km) 新旭川 A30
所在地 北海道旭川市4条通18丁目
駅番号 A29
所属事業者 JR logo (hokkaido).svg北海道旅客鉄道(JR北海道)
所属路線 宗谷本線
石北本線直通含む)
キロ程 1.8km(旭川起点)
電報略号 アシ
駅構造 高架駅
ホーム 2面2線
開業年月日 1957年(昭和32年)2月1日
備考 無人駅
旭川四条駅
あさひかわよじょう - Asahikawayojō
(2.3km) 四条廿丁目
所属事業者 旭川電気軌道
所属路線 東川線
キロ程 15.5km(旭川四条起点)
駅構造 地上駅
開業年月日 1927年昭和2年)3月10日
廃止年月日 1973年昭和48年)1月1日
四条十七丁目駅
よじょうじゅうななちょうめ - Yojōjūnanachōme
(不明km) 四条十一丁目
所属事業者 旭川市街軌道
所属路線 四条線
キロ程 2.4km(四条十七丁目起点)
駅構造 地上駅
開業年月日 1929年昭和4年)11月3日
廃止年月日 1948年昭和23年)4月7日
旭川四条駅ホーム (2004年6月)
1977年の旭川四条駅と周囲約500m範囲。上が宗谷本線名寄方面および石北本線遠軽方面。この4年前に既に高架になっている。地上駅時代(仮乗降場時代)は線路右側にホームがあった。駅右上側には、このホームに隣接したカーブ状のホームを持っていて、高架化直前に廃止になった旭川電気軌道東川線の駅跡が、小さな広場として残っている。国土交通省 国土画像情報(カラー空中写真)を基に作成

旭川四条駅(あさひかわよじょうえき)は、北海道旭川市4条通18丁目にある北海道旅客鉄道(JR北海道)宗谷本線である。駅番号A29。新旭川駅が基点である石北本線も、旭川駅まで乗り入れているため利用が可能である。 かつては旭川電気軌道東川線旭川四条駅及び旭川市街軌道四条線四条十七丁目電停が隣接していた。

歴史[編集]

駅構造[編集]

相対式ホーム2面2線を有する日本最北の高架駅旭川駅から旭川運転所までは、旭川駅周辺再開発『北彩都あさひかわ』事業に伴って電化された。高架化以前は、仮乗降場として当駅を始点としていた旭川電気軌道東旭川線東川線との接続駅でもあった。無人駅。高架下に待合室、男女別の水洗式便所がある。ホーム同士は階下の連絡通路で結ばれている。

駅周辺[編集]

旭川市の郊外住宅地である豊岡・東光方面への玄関口である。
高架下には通称「17丁目オール商店街」と呼ばれる商店街が線路に沿って1条通から6条通まで連なっている。

隣の駅[編集]

北海道旅客鉄道
宗谷本線
快速「なよろ」(1往復のみ停車)
旭川駅 (A28) - 旭川四条駅 (A29) - 永山駅 (W31)
普通
旭川駅 (A28) - 旭川四条駅 (A29) - 新旭川駅 (A30)

かつて存在した路線[編集]

旭川電気軌道
東川線(廃止)
旭川一条駅 - 旭川四条駅 - 四条廿丁目駅
旭川市街軌道
四条線(廃止)
四条十七丁目電停 - 四条十一丁目電停

関連項目[編集]

外部リンク[編集]