西永山駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
西永山駅
にしながやま
Nishi-Nagayama
新旭川 (3.5km)
(2.1km) 永山
所在地 北海道旭川市永山
所属事業者 日本国有鉄道(国鉄)
所属路線 宗谷本線
キロ程 7.2km(旭川駅起点)
駅構造 地上駅
開業年月日 1955年昭和30年)12月2日
廃止年月日 1967年(昭和42年)11月1日
テンプレートを表示

西永山駅(にしながやまえき)は、かつて北海道旭川市永山にあった日本国有鉄道(国鉄)宗谷本線廃駅)である。

1967年(昭和42年)の廃止後、当駅より600m南側に貨物駅である北旭川駅1968年(昭和43年)に開設し、貨物営業を開始した。当駅の跡地も北旭川駅の構内に組み込まれている。

歴史[編集]

駅構造[編集]

駅周辺[編集]

当時の当駅の周り一帯は民家が少なく農耕地が広がっていた。(貨)北旭川駅開設後は周辺が操車場の構内敷地(現在は一部が宅地化)および商業施設となっている。当駅南東側には、永山の市街地が広がっている。

隣の駅[編集]

日本国有鉄道
宗谷本線
新旭川駅 - 西永山駅 - 永山駅

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d 曽根悟(監修) 『週刊 歴史でめぐる鉄道全路線 国鉄・JR』20号・宗谷本線/留萌本線、朝日新聞出版分冊百科編集部(編集)、朝日新聞出版〈週刊朝日百科〉、2009年11月2日、14-17頁。

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]