抜海駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
抜海駅
駅舎(2005年5月)
駅舎(2005年5月)
ばっかい - Bakkai
W77 勇知 (8.3km)
(11.7km) 南稚内 W79
所在地 北海道稚内市抜海村字クトネベツ
駅番号 W78
所属事業者 JR logo (hokkaido).svg北海道旅客鉄道(JR北海道)
所属路線 宗谷本線
キロ程 245.0km(旭川起点)
電報略号 ハツ
駅構造 地上駅
ホーム 2面2線
開業年月日 1924年(大正13年)6月25日
備考 無人駅
ホーム
1977年の抜海駅と周囲約500m範囲。上が稚内方面。隣の勇知駅を180度向きを変えた様な駅で、相対式ホーム2面2線と駅舎横稚内側に貨物積卸場と引込み線がある。外側の名寄側にも引込み線がある。国土交通省 国土画像情報(カラー空中写真)を基に作成

抜海駅(ばっかいえき)は、北海道宗谷総合振興局稚内市抜海村字クトネベツにある北海道旅客鉄道(JR北海道)宗谷本線である。駅番号はW78。電報略号ハツ

歴史[編集]

駅構造[編集]

相対式ホーム2面2線を有する地上駅で、列車交換可能な交換駅となっている[4]。互いのホームは駅舎側ホーム南側と対向ホーム南側を結んだ構内踏切で連絡している[4]。駅舎側(東側)が下りの1番線、対向側ホームが上りの2番線となっている[4]。そのほか1983年(昭和58年)4月時点では2番線の旭川方から分岐し対向側ホーム横までの行き止まりの側線を1線有していた[5]。この側線は1993年(平成5年)3月までには撤去された[4]

稚内駅管理の無人駅となっている。駅舎は構内の西側に位置し1番線ホーム中央部分に接している[4]。駅舎は開業時に建築された木造のものがそのまま使用されている[6]が、木製板張りの劣化が激しく一部がサイディング張りに改修されている[7]。また修繕時期により材料が違い、パッチワークのようになっている[7]。正面出入口部分の形状は改築され[7]、雪が入らないように「雪切り室」と呼ばれる二重扉になっている[8]。ホーム側には貝殻を貼り付けた文字を利用した駅銘板が掲示され[7]、冬季間の地吹雪が激しいため厳重な覆いで囲まれている。トイレを有する[7]

最北の無人駅で、最北の木造駅舎となっている[8]

駅名の由来[編集]

当駅の所在する地名より。地名は、アイヌ語の「パッカイ・シュマ」(子負い石)の上部分に由来する[4][5][9]。附近の丘に子供を背負った様に見える大きな石があったために付けられた[4][5][7][9]。抜海市街はずれにある抜海岩のことである。

利用状況[編集]

  • 1981年度(昭和56年度)の1日乗降客数は35人[5]
  • 1992年度(平成4年度)の1日乗降客数は22人[4]

駅周辺[編集]

クマザサに覆われた無人の荒野の中にある[8]。人家は2010年(平成22年)9月時点で3軒ほどしかない[8]。駅前には牧草地が広がっていて、店舗などは無い。道道106号までは一直線の道路が伸びており、抜海原生花園を挟んで日本海を望むことができる。抜海の市街地は道道106号を羽幌方面に1.5kmほど下った抜海漁港付近にある[10]。なお、同港付近では冬季にゴマフアザラシの群れが見られることがある[7][10]

  • 抜海郵便局(約1.8km)
  • 稚内市立抜海小中学校 - 2007年3月廃校。(約1.7km)
  • 抜海市街地(約2km)
  • 抜海漁港・稚内漁業協同組合抜海支所(約2km)
  • 旅人宿ばっかす(約2km)
  • 抜海岩(約2km) - 地名・駅名の由来となっている重ね岩。稚内市指定文化財。
  • 抜海原生花園(約1km)
  • 稚内西海岸原生花園 - 駅から西に約6km[5]
  • 抜海岬(約2km超)

当駅を過ぎさらに南稚内駅へ向け北上すると、車窓左手に日本海をはさんで利尻島が望まれる場所があり、一部列車において徐行サービスを実施している。

隣の駅[編集]

北海道旅客鉄道
宗谷本線
勇知駅 (W77) - 抜海駅 (W78) - 南稚内駅 (W79)

その他[編集]

映画南極物語』やテレビドラマ少女に何が起ったか』の撮影に使われた。有人駅時代には小泉今日子らの写真が飾ってあった。現在でもかつての出札窓口跡部分のボードにドラマの写真が貼られている[いつ?]。また、いわゆる『駅ノート』も置かれている。駅前に郵便ポストは設置されていない。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c 『国鉄全線各駅停車1 北海道690駅』 宮脇俊三原田勝正小学館1983年7月、179-180頁。ISBN 978-4093951012
  2. ^ 『日本鉄道旅行地図帳 全線全駅全廃線 1 北海道』 今尾恵介新潮社〈新潮「旅」ムック〉、2008年5月、47頁。ISBN 978-4-10-790019-7
  3. ^ 『無人駅探訪』 全国停留場を歩く会、西崎さいき、文芸社2010年3月、149頁。ISBN 978-4533078583
  4. ^ a b c d e f g h 『国鉄全線各駅停車1 北海道690駅』 宮脇俊三、原田勝正、小学館、1983年7月、151頁。ISBN 978-4093951012
  5. ^ a b c d e 『国鉄全線各駅停車1 北海道690駅』 宮脇俊三、原田勝正、小学館、1983年7月、186頁。ISBN 978-4093951012
  6. ^ 交通新聞. (2011年4月18日) 
  7. ^ a b c d e f g 本久公洋 『北海道鉄道駅大図鑑』 北海道新聞社2008年7月、225頁。ISBN 978-4894534643
  8. ^ a b c d 横見浩彦牛山隆信 『すごい駅』 メディアファクトリー〈メディアファクトリー新書〉、2011年9月、16-17頁。ISBN 978-4840135399
  9. ^ a b 太田幸夫 『北海道の駅878ものがたり 駅名のルーツ探究』 富士コンテム、2004年2月、125頁。ISBN 978-4893915498
  10. ^ a b 抜海駅”. 旭川支社管内駅紹介. 北海道旅客鉄道 (2007年). 2012年11月7日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

  • 抜海駅(旭川支社管内駅紹介) - 北海道旅客鉄道