筬島駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
筬島駅
駅舎(2017年10月)
駅舎(2017年10月)
おさしま
Osashima
W61 音威子府 (6.3km)
(18.0km) 佐久 W63
所在地 北海道中川郡音威子府村大字物満内小字筬島
駅番号 W62
所属事業者 JR logo (hokkaido).svg北海道旅客鉄道(JR北海道)
所属路線 宗谷本線
キロ程 135.6km(旭川起点)
電報略号 サマ
駅構造 地上駅
ホーム 1面1線
開業年月日 1922年(大正11年)11月8日
備考 無人駅
テンプレートを表示

筬島駅(おさしまえき)は、北海道上川総合振興局中川郡音威子府村大字物満内小字筬島にある北海道旅客鉄道(JR北海道)宗谷本線である。駅番号W62電報略号サマ2016年(平成28年)3月26日のダイヤ改正による減便以前は夜間の上り普通列車1本が通過した。

歴史[編集]

1977年の筬島駅と周囲約500m範囲の状況。左上が稚内方面。相対式ホームと貨物用副本線、駅舎横に引込み線。国土交通省 国土画像情報(カラー空中写真)を基に作成
  • 1922年大正11年)11月8日鉄道省天塩線音威子府駅 - 誉平駅(後の天塩中川駅)間開通に伴い開業[1][2]一般駅
  • 1924年(大正13年)6月25日:線路名を天塩南線に改称、それに伴い同線の駅となる[1]
  • 1926年(大正15年)9月25日:天塩南線と天塩北線を統合し線路名を天塩線に改称、それに伴い同線の駅となる[1]
  • 1930年昭和5年)4月1日:天塩線を宗谷本線に編入、それに伴い同線の駅となる[1]
  • 1949年(昭和24年)6月1日公共企業体日本国有鉄道(国鉄)に移管。
  • 1977年(昭和52年)5月25日:貨物の取り扱いが終了。
  • 1984年(昭和59年)2月1日荷物の取り扱いが終了。
  • 1986年(昭和61年)11月1日:交換設備を廃止し無人化[3]
  • 1987年(昭和62年)4月1日:国鉄分割民営化に伴い、北海道旅客鉄道(JR北海道)が承継。
  • 1980年代後半 - 1990年代前半:駅舎改築、貨車駅舎となる。
  • 2016年平成28年)
    • 3月26日:同日のダイヤ改正に伴う普通列車の減便で音威子府駅 - 幌延駅間の普通列車が5往復から3往復となり、全普通列車が停車するようになる。
    • 7月上旬:JR北海道が当駅と南美深駅美深町)、歌内駅中川町)を2017年(平成29年)3月のダイヤ改正に合わせて廃止する意向を地元に伝えた旨が報道される[4]
  • 2017年(平成29年)
    • 4月:当駅含む上記の3駅について、JR北海道が当面の間自社の費用で存続させる意向であることが報道される[5]
    • 8月5日:同日開催の「北海道命名の地 筬島まつり2017」にて開業95周年を記念した硬券入場券を、JR北海道旭川支社の協力を得て、駅近くの「エコミュージアムおさしまセンター BIKKYアトリエ3モア(砂澤ビッキ記念館)」で1050枚限定発売。以降、残り(295番以降)を同年10月31日まで発売予定であったが、同年10月26日完売[6][7]

存続議論[編集]

後述の通り、当駅の一日平均乗降者数は、2011年 - 2015年の11月調査日の平均で1人以下となっており、2016年(平成28年)7月上旬、JR北海道では当駅と南美深駅美深町)、歌内駅中川町)を2017年(平成29年)3月のダイヤ改正に合わせて廃止する意向を各地元自治体に伝えた[4]。これに対し、音威子府村長の佐近勝は「将来の通学利用が予想される」として廃止反対の意向を示した[5]

駅の存続には、JRが実施してきた年間100万円から200万円のホーム修繕費を音威子府村が負担することが条件とされたが、同年11月25日、実際には修繕工事は行われていないことが判明し、条件面のすり合わせは一旦白紙状態となった[8]

その後音威子府村は、当駅の維持管理費90万円を2017年度一般会計予算に盛り込み、2017年3月末に駅舎管理についてJRと協定を結んだ。しかし、同様な対応をとった美深町と異なり、歌内駅の所在する中川町はJRとの交渉を拒否した[5]

2017年(平成29年)4月以降は、上記の3駅について、JR北海道が当面の間自社の費用で存続させる意向とされており[5]、本駅については他市町村の廃止候補駅との調整が整い次第、村が従来から負担していた駅前の除雪費用に加え、ホーム上の除雪・光熱費等の維持経費を負担し存続することとし、自然災害による損傷・破損については協議の上修繕していくこととしている[9]

駅名の由来[編集]

当駅の所在する地域名(名)より。由来は諸説ある。

一説には、アイヌ語の「オタニコナイ[10]」〔砂・の中・川(細い砂浜を通っている川)〕と「ピラケオマナイ[11]」〔崖・の端・にある・川〕の両地名がそれぞれ転訛し、「オサニコンナイ」「ピラケシマナイ」となったものの混成とされる[12][13]。後者の場合、駅附近の地形を指したものと思われる[14]

別説として、音威子府村史によれば、元来ここの地名は「物満内(ものまない)」であったが、大正11年8月21日付けの北海道鉄道建設事務所長から当時の鉄道大臣宛に提出された「新線駅名改称二関スル件」具申書(道立図書館収蔵)において、「当初筬島駅は土地の名前を採って物間内駅を考えていたが、二字以上の駅名は事務上煩雑であるので二字名に改称したい。改称駅名『筬島』の呼称の由来は、アイヌ語オサシマンナイ(川尻の下るところにある小沢の意義)による」と書かれ、「オサシマンナイ[15]」の「オサシマ」に「筬島」の字を当てたとされている[12]

駅構造[編集]

単式ホーム1面1線を有する地上駅。ホームは線路の南西側(稚内方面に向かって左手側)に存在する[16]分岐器を持たない棒線駅となっている[16]。かつては相対式ホーム2面2線を有する列車交換可能な交換駅であった[17]。当時は互いのホームは駅舎側ホーム中央部分と対向側ホーム南側を結んだ構内踏切で連絡した[17]。駅舎側(西側)が下り線、対向側ホームが上り線となっていた(番線表示なし)[17]。そのほか駅舎北側の荷物積卸場へ至る本線の稚内方から分岐した引込み線を1線、対向側ホームの外側に駅舎と反対側に存在した貨物積卸場への、貨物積卸用の副本線を1線有していた[17]。交換設備運用廃止後は線路は撤去されたが、ホーム前後の線路は分岐器の名残で湾曲していた[16]

無人駅となっている。駅舎は構内の南西側に位置しホーム南側に接している[16]有人駅時代からの駅舎は改築され、ヨ3500形車掌車[18]を改造した貨車駅舎となっている[16]。旧駅舎の基礎の上に設置されている[14]。出入口にはスロープが新たに設置されている[14]。トイレを有する[14]

かつては周辺の駅同様に木材の積出駅であった。

利用状況[編集]

2017年(平成29年)現在、音威子府村内にある宗谷本線の駅の中でも特に利用が少ないとされている[9]。2012年(平成24年)から2016年(平成28年)にかけての特定日(平日)調査では、乗車客数が5年平均0.0人となっている[19]

年もしくは年度 (人/1日) 備考 出典
乗降客数 乗車客数
1954年(昭和29年)度 52 [20]
1958年(昭和33年)度 50
1964年(昭和39年)度 64
1971年(昭和46年)度 17
1981年(昭和56年)度 17 [21]
1992年(平成4年)度 2 [22]
2006年(平成18年) 1 統計上、この年以降乗降なし。 [9]
2007年(平成19年) 統計上0
2011年(平成23年)
2012年(平成24年)
2013年(平成25年)
2014年(平成26年)
2015年(平成27年) 1名以下 過去5年間の11月の調査日平均 [4][23]
2016年(平成28年) 0.0 過去5年間の特定の調査日(平日)平均 [19]

駅周辺[編集]

  • エコミュージアムおさしまセンター BIKKYアトリエ3モア - 通称、砂沢ビッキ記念館。旧・筬島小学校をアトリエとして活動拠点とした彫刻家の砂澤ビッキの作品が展示されている[14][4]
  • 国道40号音威子府バイパス(建設中)
  • 天塩川
  • 筬島大橋
  • 国道40号
  • 北海道命名之地 - 探検家松浦武四郎が同地のアイヌの古老より聞いた話をもとに「北海道」の名を考案したとされる[24]。筬島大橋を渡り国道40号を佐久方面へ約2km[6]

隣の駅[編集]

北海道旅客鉄道(JR北海道)
宗谷本線
音威子府駅 (W61) - 筬島駅 (W62) - 佐久駅 (W63)
かつて当駅と佐久駅との間に神路信号場が存在した(1985年3月14日廃止)[2]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d 書籍『JR・私鉄全線各駅停車1 北海道630駅』(小学館1993年6月発行)179-180ページより。
  2. ^ a b 書籍『日本鉄道旅行地図帳 全線全駅全廃線 1 北海道』(監修:今尾恵介新潮社2008年5月発行)47ページより。
  3. ^ 書籍『無人駅探訪』(監修:西崎さいき、文芸社2011年6月発行)149ページより。
  4. ^ a b c d “無人駅の南美深、筬島、歌内 JR、来年3月廃止方針” (日本語). 北海道新聞. どうしんウェブ/電子版(経済) (北海道新聞社). (2016年7月29日). オリジナル2016年7月29日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20160729094301/http://dd.hokkaido-np.co.jp/news/economy/economy/1-0298298.html 2016年7月29日閲覧。 
  5. ^ a b c d “宗谷線の南美深、筬島、歌内駅 管理費JR負担で当面存続”. どうしんウェブ(北海道新聞). (2017年4月1日). オリジナル2017年4月2日時点によるアーカイブ。. https://archive.fo/LB9DQ 2017年11月3日閲覧。 
  6. ^ a b 北海道命名の地 筬島まつり2017 開催”. 音威子府村 (2017年). 2017年10月7日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年10月7日閲覧。
  7. ^ 完売しました / JR宗谷本線「筬島駅」硬券入場券”. 音威子府村 (2017年). 2017年11月3日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年11月3日閲覧。
  8. ^ “実績ないホーム修繕費要求-音威子府・筬島駅-JRが撤回”. どうしんweb (北海道新聞社). (2016年11月26日). オリジナル2016年11月27日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20161127140904/http://dd.hokkaido-np.co.jp/news/society/society/1-0342200-s.html 
  9. ^ a b c “特集 「鉄道の町」音威子府 鉄道、必要ですか?” (PDF). 広報おといねっぷ 514: pp.2-6. (2017-07). http://www.vill.otoineppu.hokkaido.jp/about/kouhou/2017/files/07/2017_7.pdf. 
  10. ^ アイヌ語ラテン翻字: ota-nikor-nay
  11. ^ アイヌ語ラテン翻字: pira-kes-oma-nay
  12. ^ a b アイヌ語地名リスト エン~オニシ P21-30P”. アイヌ語地名リスト. 北海道 環境生活部 アイヌ政策推進室 (2007年). 2017年10月20日閲覧。
  13. ^ 書籍『北海道の駅878ものがたり 駅名のルーツ探究』(監修:太田幸夫、富士コンテム、2004年2月発行)123ページより。
  14. ^ a b c d e 書籍『北海道鉄道駅大図鑑』(著:本久公洋、北海道新聞社2008年8月発行)216ページより。
  15. ^ 「オタニコナイ」→「オタニコンナイ」→「オサニコンナイ」→「オサシマンナイ」と転訛したとされる。
  16. ^ a b c d e 『JR・私鉄全線各駅停車1』148ページより。
  17. ^ a b c d 書籍『国鉄全線各駅停車1 北海道690駅』(小学館、1983年7月発行)183ページより。
  18. ^ 書籍『ダルマ駅へ行こう!』(著:笹田昌宏、小学館文庫2007年5月発行)27ページより。
  19. ^ a b 宗谷線(名寄・稚内間), (日本語) (PDF), 線区データ(当社単独では維持することが困難な線区) (北海道旅客鉄道), (2017年12月8日), オリジナル2017年12月8日時点によるアーカイブ。, https://web.archive.org/web/20171209102621/http://www.jrhokkaido.co.jp/corporate/senku/pdf/senku/04.pdf 2017年12月8日閲覧。 
  20. ^ 音威子府村史 昭和51年12月発行 P498
  21. ^ 書籍『国鉄全線各駅停車1 北海道690駅』(小学館、1983年7月発行)183ページより。
  22. ^ 『JR・私鉄全線各駅停車1』148ページより。
  23. ^ 極端にご利用の少ない駅(3月26日現在) (PDF)”. 平成28年度事業運営の最重点事項. 北海道旅客鉄道. p. 6 (2016年3月28日). 2017年9月25日閲覧。
  24. ^ 山内浩司 (2017年7月16日). “「北海道」命名者、「カイ」に込めた思い 幕末の探検家”. 朝日新聞デジタル (朝日新聞社). http://www.asahi.com/articles/ASK7G5X2VK7GIIPE01T.html 2017年10月22日閲覧。 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]