瑞穂駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
瑞穂駅
JR Soya-Main-Line Mizuho Station Overall.jpg
駅全景(2017年10月)
みずほ
Mizuho
W44 多寄 (2.8 km)
(3.6 km) 風連 W46
所在地 北海道士別市多寄町31線
北緯44度15分58秒 東経142度23分46秒 / 北緯44.26611度 東経142.39611度 / 44.26611; 142.39611座標: 北緯44度15分58秒 東経142度23分46秒 / 北緯44.26611度 東経142.39611度 / 44.26611; 142.39611
駅番号 W45
所属事業者 北海道旅客鉄道(JR北海道)
所属路線 宗谷本線
キロ程 64.5 km(旭川起点)
電報略号 スホ
駅構造 地上駅
ホーム 1面1線
乗降人員
-統計年度-
4人/日
-2014年-
開業年月日 1956年(昭和31年)9月1日
備考 無人駅
テンプレートを表示

瑞穂駅(みずほえき)は、北海道上川総合振興局士別市多寄町31線にある北海道旅客鉄道(JR北海道)宗谷本線である。駅番号W45電報略号スホ

一部の普通列車は通過し、2020年3月14日改正時点では、上下各4本が停車する[1]

歴史[編集]

1977年の瑞穂仮乗降場と周囲約500m範囲の状況。上が名寄方面。旭川側に三十一線道の踏切がある。周囲にはほとんど民家がない。国土交通省 国土地理院 地図・空中写真閲覧サービスの空中写真を基に作成

駅名の由来[編集]

当駅の所在する地区名(西瑞穂)より[3]

駅構造[編集]

単式ホーム1面1線を有する地上駅。ホームは線路の西側(稚内方面に向かって左手側)に存在する[5]分岐器を持たない棒線駅となっている[5]

仮乗降場に出自を持つ開業時からの無人駅[6]士別駅管理)。ホーム南側の出入口から少し離れた位置に待合所を有する[7]。かつては駅舎だけでなく待合所もないホームのみの駅であったが[7]、地元住民の手により待合所が建築された[7]。正面の両側に、白地に青い文字で「みずほ」と記載された駅銘板を掲示している[7]。ホームは木製デッキ式で[7]、旭川方にスロープを有し[5][7]駅施設外に連絡している。有効長は1両分である。待合所正面から向かって左手側に片流れ屋根付きの自転車置場棟が設置されている[7]。トイレはない[7]

利用状況[編集]

  • 1992年度(平成4年度)の1日乗降客数は0人[5]
  • 2011 - 2015年(平成23 - 27年)の乗車人員(11月の調査日)平均は「10名以下」[JR 1]
  • 2013 - 2017年(平成25 - 29年)の乗車人員(特定の平日の調査日)平均は2.2人[JR 2]
  • 2014 - 2018年(平成26 - 30年)の乗降人員調査(11月の調査日)平均は「10名以下」[JR 3]
  • 2015 - 2019年(平成27 - 令和元年)の乗車人員(特定の平日の調査日)平均は3.0人[JR 4]、乗降人員調査(11月の調査日)平均は「3名以下」[JR 5]

1日の平均乗降人員は以下の通りである[8]

乗降人員推移
年度 1日平均人数
2014 4

駅周辺[編集]

畑の続く中に位置する[7]。当駅の少し北が士別市と名寄市の境界である[7]

駅周辺は畑だが、直線2㎞弱の東側に酪農集落がある。

隣の駅[編集]

北海道旅客鉄道(JR北海道)
宗谷本線
快速「なよろ
通過
普通(一部列車は当駅通過)
多寄駅 (W44) - 瑞穂駅 (W45) - 風連駅 (W46)

脚注[編集]

[脚注の使い方]

出典[編集]

  1. ^ 『北海道時刻表』第61巻第3号(通巻723号)、交通新聞社、2020年2月25日、 pp.132-134。
  2. ^ a b 書籍『日本鉄道旅行地図帳 全線全駅全廃線 1 北海道』(監修:今尾恵介新潮社2008年5月発行)46ページより。
  3. ^ a b c 太田幸夫 (2004-02-29). 北海道の駅 878ものがたり ~駅名のルーツ探求~ (1 ed.). 札幌市: 富士コンテム. p. 120. ISBN 4-89391-549-5 
  4. ^ “全駅DATA 石北本線②(上川~網走) 宗谷本線”. 週刊JR全駅・全車両基地 (朝日新聞出版) (No.60): pp.19-27. (2013-10-03). 
  5. ^ a b c d 書籍『JR・私鉄全線各駅停車1 北海道630駅』(小学館1993年6月発行)145ページより。
  6. ^ 書籍『無人駅探訪』(監修:西崎さいき、文芸社2011年6月発行)148ページより。
  7. ^ a b c d e f g h i j 書籍『北海道鉄道駅大図鑑』(著:本久公洋、北海道新聞社2008年8月発行)205ページより。
  8. ^ 国土数値情報 駅別乗降客数データ - 国土交通省、2020年9月21日閲覧

JR北海道[編集]

  1. ^ 極端にご利用の少ない駅(3月26日現在) (PDF)”. 平成28年度事業運営の最重点事項. 北海道旅客鉄道. p. 6 (2016年3月28日). 2017年9月25日閲覧。
  2. ^ 駅別乗車人員(【別添資料】(2)宗谷本線(旭川・稚内間)の状況) (PDF)”. 宗谷線(旭川~稚内間)事業計画(アクションプラン). 北海道旅客鉄道. pp. 11-12 (2019年4月). 2019年4月18日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年4月18日閲覧。
  3. ^ 駅別乗車人員 (PDF)”. 全線区のご利用状況(地域交通を持続的に維持するために). 北海道旅客鉄道. 2020年1月20日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年1月20日閲覧。
  4. ^ 駅別乗車人員(【別添資料】(2)宗谷本線(旭川・稚内間)の状況) (PDF)”. 宗谷線(旭川~稚内間)第2期事業計画(アクションプラン). p. 10 (2021年4月16日). 2021年4月19日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年4月29日閲覧。
  5. ^ 駅別乗車人員 (PDF)”. 地域交通を持続的に維持するために > 全線区のご利用状況. 北海道旅客鉄道 (2020年10月30日). 2020年11月2日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年11月7日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]