四ツ谷用水

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
四ッ谷用水

四ツ谷用水(よつやようすい)とは、宮城県仙台市に存在する水道用水路である。江戸時代初期の寛永年間(1624年 - 1644年)に、伊達政宗が川村孫兵衛重吉に命じて開削を開始。工事は数期にわたり、元禄年間(1688年 - 1704年)に完成したとされている。

概要[編集]

仙台の城下町は、南を流れる広瀬川から20m程度高い河岸段丘上に築かれ、広瀬川下流からの取水は困難であった。井戸から地下水を汲み上げることはできたが、それだけでは足りず、仙台藩は広瀬川上流の郷六地区から用水を引くことを決めた。4つの谷(針金沢、聖沢、鶏沢、へくり沢)を木樋水道橋で越えたことが、「四ツ谷用水」という名前の由来である。

約7.6kmの本流から多くの支流から枝分かれして市中を巡り、宝暦年間(1751年 - 1764年)には総延長が40kmを超えた。水田等の灌漑用水として新田開発を可能にしただけでなく、市内の生活用水や消防用水染物などの産業用水など、人々の生活に欠かせない用水となった。同時に下流部の湿地帯では排水の役目を果たし、湿地帯を居住地として使える土地に変えた。

明治以降、上下水道の整備により生活用水としての利用は減少し、次第に暗渠化が進んだ。

所在地[編集]

四ッ谷用水は郷六から、八幡町、北六番町を通り、宮町梅田川に注ぐ。四ツ谷用水が詳しく記入されている享保9年(1724年)の絵図をはじめ、元禄5年(1692年)の御城下町割絵図、天保15年(1844年)の御街道並木道筋図、明治8年(1875年)の宮城郡仙台町地引図などをもとにすると、「北三番丁掘下流部」を除いた用水の総延長は仙台市青葉区八幡町5丁目より下流の市内部で約41 km(キロメートル)、これより上流の導入部分が約3.2 kmで、合計約44 kmとなる。

歴史[編集]

  • 1624年〜1644年 開削開始。
  • 1688年〜1704年 完成。
  • 1873年 用水を埋め立て町裏に移し、側溝にし始めた。降雨による浸水被害が発生。
  • 1935年(昭和10年)までに用水の暗渠化、廃止が進む。
  • 本流・第一支流や三番丁堀は、1965年(昭和40年)頃まで農業用水として地下を流れた。

参考文献・記事[編集]

  • 『宮城県の歴史散歩』、宮城県高等学校社会科研究会歴史部会
  • 佐藤昭典『国宝大崎八幡宮 : 利水・水運の都 - 仙台』〈仙台・江戸学叢書2〉
  • 柴田尚:政宗の用水 杜の都潤す◇水道知識生かし「四ツ谷用水」と仙台の地下構造調査◇『日本経済新聞』朝刊2017年8月7日(文化面)

外部リンク[編集]