福岡堰

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
福岡堰(2004年4月撮影)

福岡堰(ふくおかぜき)はつくばみらい市北山にある小貝川にかかる。岡堰、豊田堰とともに関東三大堰の一つに数えられる。また、福岡堰さくら公園についてもここで取り上げる。

概要[編集]

用水と桜並木

元和年間の新田開発に伴い、1625年寛永2年)に関東郡代伊奈忠治により、灌漑用水として建設された堰である。当初は山田沼堰と呼ばれ、1722年享保7年)に福岡地内(現在の北山)に改設し、福岡堰となった。 1886年明治19年)に木造、1923年大正12年)に鉄筋コンクリートに改築し、小貝川の流量増大と老朽化のため、1971年昭和46年)に再度改築。貯水量は275万tで、現在も下流域の水田の用水源となっている。

小貝川と堰の間を流れる用水の堤には、1.8km、約550本ものソメイヨシノ)が並び、桜の名所となっており、遊歩道や多目的広場が整備され、2006年平成18年)3月には「福岡堰さくら公園」も整備されている。 2006年(平成18年)には農林水産省による疏水百選に選ばれた。

福岡堰さくら公園[編集]

福岡堰さくら公園
福岡堰さくら公園0001.jpg
福岡堰さくら公園(噴水遊具)
分類 近隣公園
所在地
つくばみらい市北山字北山2633番地7
設備・遊具 なかよし橋
水のモニュメント
藤棚の四阿
桜と風のモニュメント
四阿
ジャブジャブ池
展望台
大型遊具
駐車場 普通60台・大型2台、駐輪場80台
テンプレートを表示

福岡堰を中心とした水辺環境整備の一環として、福岡堰周辺の昔ながらの景観を活かしつつ、生態系に配慮した「水と緑のふれあい空間」として、人々が集い、憩うことのできる公園として整備された。桜類が153本、アヤメ類が300m2の植栽がある。

交通[編集]

関連項目[編集]

リンク[編集]