照井堰用水

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

照井堰用水(てるいぜきようすい)は、岩手県磐井川厳美渓上流部に設けられた大〆切頭首工を水源に一関市平泉町を流れる総延長64キロメートルの三本の人工河川疎水)の総称で、藤原秀衡家臣・照井高春が灌漑目的に開削したと伝わり、平泉町を流れ衣川に注ぐ北照井堰農業用水路としてのみならず世界遺産平泉―仏国土(浄土)を表す建築・庭園及び考古学的遺跡群―」の構成資産である毛越寺浄土式庭園水源にもなっている。また、南照井堰大江堰江戸時代一関藩により完成し一関市の穀倉地帯1,073haの水田に現在もを供給している。2006年平成18年)に疎水百選に選定され、2016年(平成28年)には国際かんがい排水委員会かんがい施設遺産に登録された。[1]

関係施設位置[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]