群馬用水

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

群馬用水(ぐんまようすい)は、群馬県中央部の赤城山南麓・榛名山東麓を流れ、利根川の水を取水する灌漑用水路である。赤城・榛名山麓へ灌漑するため2幹線で構成されている。疏水百選にも選ばれている。

概要[編集]

水源の矢木沢ダム
水源の奈良俣ダム
取水口がある綾戸ダム
赤榛分水工
貯水池の早川ダム

水源は矢木沢ダム及び奈良俣ダムなど群馬県北部のダム。取水地は沼田市岩本町の綾戸ダム(東京電力佐久発電所取水ダム)付近の利根川西岸に存在する。はじめは1流路の導水幹線だが、渋川市上白井の赤榛分水工で東西に分流し、西側の子持山南麓・榛名山東麓に向かう榛名幹線と、東の赤城山南麓を流れる赤城幹線の2本の用水路に分かれる。

榛名幹線は約24kmで、子持南麓を通って吾妻川サイホン水管橋で吾妻川横断を行い、榛東村高崎市へと流れ鳴沢湖へ至る。赤城幹線は約33kmで、渋川市内で利根川サイホン水管橋で利根川を横断、利根川東岸側へ流れて前橋市北部から桐生市(旧新里村)の早川貯水池へ至っている。

赤城、榛名両幹線の総延長約17kmが開水路になっている。また幹線水路の標高は約270m付近にある。

農業用水が計画時の主な目的であったが、昭和55年(1980年)9月に計画変更を図り、水道用水にも利用されている。赤城榛名幹線に3箇所ずつ計6箇所の揚水機場が設置され、県央の前橋市など6市町村の標高140m~500mにある耕地約7,500haを灌漑する。水道用水利用は、同じく県央域の前橋市、高崎市、渋川市、伊勢崎市など9市町村である。

独立行政法人水資源機構の群馬用水総合事業所が管理を行っている。

歴史[編集]

群馬県の赤城・榛名・子持山麓は水源に乏しく、農業経営が不安定だった。このため戦時中の昭和13年(1938年)から開田計画が策定されたが戦争激化で実行されなかった。 戦後、食糧不足もあって農林省が食糧増産対策事業を推進し、土地改良事業が全国的に行われた。この一環として赤城・榛名・子持山麓における灌漑用水路建設が企図されたのである。

昭和27年(1952年)の初期計画では現在の2幹線は取水口が独立しており、取水地は現在と変わらないものの、赤城幹線が利根川東岸から取水するものだった。しかし昭和30年から農林省などで本格的な実地調査が行われた結果、昭和32年に大幅な計画変更がなされた。灌漑面積が減少したほか、利根川東岸に既存の発電所取水口があるため西岸からの一括取水・その後の分水が計画されることになったのである。 昭和37年(1962年)10月、水源となる矢木沢ダム建設を水資源開発公団が行うこととなり、群馬用水も昭和38年(1963年)8月、利根川水系における水資源開発基本計画に群馬用水が加えられ、翌年着工した。当初は昭和43年(1968年)完成予定だったが、昭和40年(1965年)に揚水機場・支線工事か追加され、昭和44年(1969年)幹線水路が完成した。最終総事業費は115億円であった。しかし末梢工事が終了し最終的に完成したのは昭和47年(1972年)のことである。

年表[編集]

  • 1938年 - 「群馬県河水統制計画」で赤城・榛名山麓の500haを開田する計画が含まれる。
  • 1943年 - 計画変更。矢木沢など奥利根発電所を建設、開田の1100haへの拡大と灌漑用水建設を行うことになる。
  • 戦争激化により開田計画の自然消滅。
  • 1952年 - 「赤城南麓土地改良事業計画」、「榛名東麓土地改良事業計画」が県から建設省に提出。沼田市岩本からの用水建設をそれぞれ計画。
  • 1955年 - 農林省から国営土地改良事業直轄調査地区に指定、前橋市に赤城・榛名土地改良事務所が設置。本格調査が開始される。
  • 1957年 - 1952年の2計画の統合・一部変更が行われ、「群馬用水事業」となる。
  • 1963年 - 水資源開発基本計画に群馬用水事業が追加される。
  • 1964年 - 着工。
  • 1969年 - 幹線水路竣工。
  • 1972年 - 全線竣工。
  • 1980年 - 水道用水への転用開始。
  • 1984年10月14日 - 子持村に群馬用水記念碑設立、および第1回群馬用水まつり開催。
  • 1998年 - 水道用水の供給区域を拡張。
  • 2002年 - 施設老朽化に伴って「群馬用水施設緊急改築事業」を開始。
  • 2006年2月21日 - 疏水百選に選ばれる。

流域の自治体[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]