奈良俣ダム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
奈良俣ダム
奈良俣ダム
左岸所在地 群馬県利根郡みなかみ町大字藤原字洗の沢
位置
河川 利根川水系楢俣川
ダム湖 ならまた湖【ダム湖百選
ダム諸元
ダム型式 中央土質遮水壁型
ロックフィルダム
堤高 158 m
堤頂長 520 m
堤体積 13,100,000
流域面積 95.4 km²
湛水面積 200 ha
総貯水容量 90,000,000 m³
有効貯水容量 85,000,000 m³
利用目的 洪水調節不特定利水かんがい上水道工業用水発電
事業主体 水資源機構
電気事業者 群馬県企業局
発電所名
(認可出力)
奈良俣発電所 (12,800kW)
施工業者 鹿島建設熊谷組日本国土開発
着工年/竣工年 1973年/1990年
出典 [1]
テンプレートを表示
ならまた湖

奈良俣ダム(ならまたダム)は群馬県利根郡みなかみ町利根川水系楢俣川に建設されたダムである。

沿革[編集]

1949年(昭和24年)の「利根川改訂改修計画」、1962年(昭和37年)の「利根川水系水資源開発基本計画」策定により、利根川水系には建設省(現・国土交通省関東地方整備局)と独立行政法人水資源機構により利根川の洪水調節首都圏の水がめとして利根川水系8ダムが続々建設され、矢木沢ダム藤原ダム下久保ダム薗原ダム相俣ダム草木ダム渡良瀬遊水地が完成していた。しかし止まる事を知らない首都圏の人口増加と工業地域拡充は水需要を更に逼迫させ、関東平野の農業技術発展と新規耕地拡大も農業用水の新たなる需要逼迫を招いた。

こうした事があり水資源開発公団は「利根川水系水資源開発基本計画」の計画一部変更を行い、洞元湖に注ぐ楢俣川に1973年(昭和48年)より多目的ダム事業が着手され、1990年(平成2年)完成した。洪水調節不特定利水、房総半島東部地域の農地灌漑、首都圏及び群馬県への上水道工業用水供給、そして県営発電(認可出力12,800kW)が目的である。

型式は中央土質遮水壁型ロックフィルダムであり、高さは158m。堤高160mの栗原川ダム(栗原川)が建設中止となった為、利根川水系のダムでは最も堤高が高いダムとなる。現在完成しているロックフィルダムの中では高瀬ダムの176m、徳山ダムの161mに次いで日本で3番目の高さである[2]

奈良俣ダムの建設により下流にあった楢俣ダムは名称を改め、通称として広く浸透していた「須田貝ダム」となった。

観光[編集]

須田貝ダムの人造湖・洞元湖より湯の小屋温泉方面に右折し湖沿いに直進。ダムは一般に積極的に開放されており、ダム左岸にはダム資料館「ヒルトップ奈良俣」がある。雪解けの時期になるとダム左岸にある洪水吐きから雪解け水が放流される。この付近は矢木沢ダム・須田貝ダム・藤原ダム・奈良俣ダムとダムが密集する地域でもある。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ ダム形式は「奈良俣ダムの諸元」、電気事業者・発電所名は「水力発電所データベース」、その他は「ダム便覧」による(2015年7月20日閲覧)。事業主体については現在の名称に読み替えた。
  2. ^ 日本ダム協会「ダム便覧 順位表(まとめ)」より(2015年7月20日閲覧)。
  3. ^ 奈良俣ダム パンフレット」より(2015年7月20日閲覧)。

参考文献[編集]

  • 『日本の多目的ダム』1980年版:建設省河川局監修・全国河川総合開発促進期成同盟会編。山海堂 1980年
  • 『ダム便覧 2006年』:日本ダム協会2006年

関連項目[編集]

外部リンク[編集]