寺内ダム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
寺内ダム
寺内ダム
所在地 左岸:福岡県朝倉市荷原字中組
右岸:福岡県朝倉市荷原字寺内
位置 北緯33度25分43秒
東経130度43分23秒
河川 筑後川水系佐田川
ダム湖 美奈宜湖
ダム湖百選
ダム諸元
ダム型式 中央土質遮水壁型
ロックフィルダム
堤高 83.0 m
堤頂長 420.0 m
堤体積 3,000,000
流域面積 51.0 km²
湛水面積 90.0 ha
総貯水容量 18,000,000 m³
有効貯水容量 16,000,000 m³
利用目的 洪水調節不特定利水
上水道かんがい
事業主体 独立行政法人水資源機構
電気事業者 なし
発電所名
(認可出力)
なし
施工業者 間組日本国土開発
着工年/竣工年 1970年/1978年
テンプレートを表示
放流のようす

寺内ダム(てらうちダム)は福岡県朝倉市一級河川筑後川水系佐田川に建設されたダムである。

概要[編集]

独立行政法人水資源機構が管理する高さ83.0メートルロックフィルダムで、筑後川水系のダムの中では下筌ダム(津江川)に次いで高いダムである。佐田川及び筑後川下流の治水と、福岡市久留米市をはじめとする両筑地域への利水を目的に建設された多目的ダムで、松原・下筌ダム、江川ダム筑後大堰及び合所ダムなどと連携して北部九州の治水と利水に重要な役割を担う。ダムによって形成された人造湖は所在地の旧名を採って美奈宜湖(みなぎこ)と命名され、2005年(平成17年)に当時の甘木市からの推薦を受けて財団法人ダム水源地環境整備センターが選定するダム湖百選に選ばれている。

経緯[編集]

1964年(昭和39年)に筑後川水系は「水資源開発促進法」に基づく「水資源開発水系」に指定され、これ以降水資源開発公団(現独立行政法人水資源機構)によって「筑後川水系水資源開発基本計画」(フルプラン)が策定された。この中で寺内ダムは北部九州の水需要を賄うべく江川ダム(小石原川)と共に事業計画がなされ、1970年(昭和45年)より事業に着手された。

ダムの型式はロックフィルダム、高さは83mで1978年(昭和53年)に完成した。目的は洪水調節・不特定利水・灌漑・上水道であり、朝倉市等に上水道・農業用水を供給する両筑平野用水の水源となっているほか、筑後大堰において福岡導水を介した福岡市・太宰府市筑紫野市等9市9町村への各種用水供給、筑後導水を介した久留米市・大牟田市他6市8町村への上水道・工業用水・農業用水の供給、更に佐賀東部導水を介して佐賀市他2市17町村への上水道・工業用水・農業用水の水源の一つとしての役割を果たしており、福岡地区水道企業団福岡県南広域水道企業団の両企業団への供給割当量は、2016年現在水利権ベースで、約25万立米/日のうち江川ダム寺内ダム合わせて約21万立米/日を占める[1]、重要なダムである。[2]

完成年に福岡大渇水が起こり江川ダムや那珂川の南畑ダム・脊振ダムが枯渇したが、寺内ダムは普段は使用しないデッドウォーター(死水)も利用して福岡市に水を供給した。ダム建設に伴い147世帯が水没したが、補償交渉は僅か1年半というスピード妥結となった。これは情報開示を積極的に行い、補償基準を1軒毎に木目細やかに設定・交渉したことで地元住民の信頼を得たことによる。蜂の巣城紛争の教訓を生かした補償交渉でもある。

ダムは朝倉市内に近い都市型ダムであり、大分自動車道甘木インターチェンジを過ぎ日田方面に走ると左側にダムの姿が見えてくる。ダム湖は「美奈宜湖」(みなぎこ)と呼ばれ地域住民の憩いの場ともなっている。

脚注[編集]

  1. ^ 残りは合所ダム等が担っている。
  2. ^ http://www.pref.fukuoka.lg.jp/uploaded/life/126267_50282781_misc.pdf

関連項目[編集]

外部リンク[編集]