都道府県営ダム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

都道府県営ダム(とどうふけんえいダム)は、地方自治体である都道府県が建設・管理しているダム。一級水系二級水系の区別なく建設され、一級水系本川に建設される例も多い。

ダムの建設・管理は、土木・河川・建設を司る部署(土木部・県土整備部・建設部の河川総合開発事業担当課)が主に行うが、水道・灌漑・発電専用ダムの場合は企業局・企業庁が行う場合もある。ダム周辺を公園として整備する自治体が多く、県立自然公園への指定や公営スポーツ施設の整備、マラソン大会等レクリェーションの充実などを図り、観光施設にする傍ら事業の重要性をPRしている。

沿革[編集]

多目的ダムのはしりは都道府県営ダムであり、内務省土木試験所長・物部長穂東京帝国大学教授)による「河水統制計画」案がその源流である。日本で最初に計画された沖浦ダム(浅瀬石川)、日本で最初に完成した向道ダム錦川)は何れも都道府県管理の多目的ダムである。

国庫補助事業として[編集]

1950年(昭和25年)の国土総合開発法以降、国直轄事業以外にも地方自治体主導による河川総合開発事業の推進が図られた。また、内務省河水統制事業の継承を受けた自治体もあり、青森県による沖浦ダム建設や、神奈川県による「相模川総合開発事業」による相模ダム建設が行われた。こうした都道府県による河川総合開発が加速したのは、連合国軍最高司令官総司令部(GHQ)により「見返り資金」が放出され、各自治体に国庫補助として公共事業費が分配されたことによる。

1957年(昭和32年)の「特定多目的ダム法」の施行以後、都道府県営の多目的ダムは建設省(現国土交通省)直轄である特定多目的ダムに対して「補助多目的ダム」又は「補助ダム」と呼称された。これはダム建設において国庫補助を受けられるためである。1972年(昭和47年)からは「補助治水ダム」制度も発足し、洪水調節のみを目的とする治水ダムにおいても国庫補助が受けられるようになった。この他県営発電事業に基づく発電専用ダムや水道専用ダム等も建設されている。さらに1988年(昭和63年)からは地域限定的な治水・利水事業として「小規模生活貯水池」制度が作られ、従来の広域河川整備から地域密着型河川整備へとシフトされつつある。

また、特定多目的ダムの中には、完成後に管理が都道府県に移管された例もあり、目屋ダム(岩木川)・皆瀬ダム(皆瀬川)・市房ダム(球磨川)などは建設省が施工し、完成後都道府県が管理している。例外は小瀬川ダム小瀬川)で、県境を流れる事から事業主体を巡り広島県山口県の調整が付かず、建設省に施工を委託した経緯がある。一方その反対に管理が建設省(国土交通省)に移管した例もあり、新豊根ダム(大入川)・柳瀬ダム銅山川)・鹿野川ダム(肱川)・長安口ダム那賀川)はその一例である。

ダム事業の見直し[編集]

1990年代以降公共事業の見直しが各方面で叫ばれるようになったが、地方自治体の場合は財政悪化が深刻になっていたために、巨額の投資を必要とするダム事業には特に再検討の必要性を議会・住民などから求められるようになった。この中で全国各地の補助多目的ダムを中心にダム建設の中止・凍結・事業縮小が相次いだ。この傾向は今後とも続いていくと見られている。同時にダム事業を巡る事業主体である自治体首長の汚職事件の発覚などで、ダムを巡る国民の視点が厳しくなったのも事業の見直しに拍車を掛けている。

特に長野県田中康夫知事(当時)による2002年(平成14年)の「脱ダム宣言」は環境保護・利権行政からの脱却・財政再建の意味から各方面に多大な影響を与えた。然し肝心の治水代替案が根拠薄弱という指摘も多く、住民の安全を守る地方自治体の首長として今後有効な治水対策が打てるのか、議論が巻き起こった。また、2006年(平成18年)に就任した嘉田由紀子滋賀県知事は県内の建設中ダムを全て凍結する事を表明した。さらに熊本県潮谷義子知事による球磨川荒瀬ダム撤去決定(2002年)、東京都石原慎太郎知事らによる利根川水系ダム事業参加の撤退など、地方発によるダム事業への再検討が大きく進められた。こうした流れはいわゆる「改革派」知事によって進められ、その結果全国の道府県でダム事業が中止され、既存の河川整備(堤防建設・川幅拡張など)による代替事業が進められた。

ところが平成18年7月豪雨を契機とした田中康夫落選(2006年長野県知事選で)は、後任の村井仁知事による「脱・脱ダム宣言」で浅川ダム浅川)を始めとした事業の再・再検討が行われ、これに伴い一部の自治体ではダム事業の再評価を始めた。浅野史郎知事時代に凍結を決めた宮城県の筒砂子ダム建設事業の凍結解除、嘉田知事による芹谷・北川第一ダム事業再開などがその例である。これは地球温暖化によって頻発する水害に対し、河川管理者である都道府県知事の責任が重大になったことの表れでもあり、こうしたことがダム事業への再評価の動きにつながっている。だがこうした傾向に「改革派」知事を推した市民団体などは反発を強めており、今後は河川の危機管理と支持者・住民との意見調整が重要と見られている。

主な都道府県営ダム[編集]

  • 備考1:黄欄は建設中・計画中のダム。緑欄は国土交通省農林水産省より移管されたダム。赤欄は水没・撤去予定・建設凍結中のダム。
  • 備考2:掲載対象は堤高70.0m以上又は総貯水容量20,000,000m³以上を原則とするが、両者に該当するダムが存在しない自治体は管理ダムで最大規模のダムを掲載。一級水系本川に建設されたダムも掲載。
  • 備考3:日本一、日本初等の特別なエピソードのあるダムも掲載する。

北海道地方[編集]

所在地 水系 一次
支川
(本川)
二次
支川
三次
支川
ダム名 堤高
(m)
総貯水
容量
(千m³)
型式 備考
北海道 石狩川 雨竜川 鷹泊ダム 35.0 21,589 重力式 農林水産省
と共同管理
石狩川 雨竜川 徳富川 徳富ダム 79.4 36,000 重力式 建設中
石狩川 当別川 当別ダム 52.7 78,400 台形CSG 建設中
水特法9条指定
石狩川 夕張川 雨煙別川 ポンウエンベツ川 栗山ダム 31.9 3,200 重力式 補助多目的ダム
静内川 静内川 高見ダム 120.0 229,000 ロックフィル
厚真川 厚真川 厚幌ダム 47.2 47,400 台形CSG 建設中
小平蘂川 小平蘂川 小平ダム 42.4 30,800 重力式
庶路川 庶路川 庶路ダム 48.9 36,500 重力式
十勝川 佐幌川 佐幌ダム 46.6 10,400 重力式
胆振幌別川 胆振幌別川 幌別ダム 22.5 9,974 アースダム 室蘭地区工業用水道
朝里川 朝里川 朝里ダム 73.9 8,800 重力式

東北地方[編集]

所在地 水系 一次
支川
(本川)
二次
支川
三次
支川
ダム名 堤高
(m)
総貯水
容量
(千m³)
型式 備考
青森県 堤川 堤川 下湯ダム 70.0 12,600 ロックフィル
岩木川 岩木川 目屋ダム 58.0 39,000 重力式 建設省施工
岩木川 平川 浅瀬石川 沖浦ダム 40.0 3,583 重力式 現存せず(水没)
岩手県 北上川 簗川 簗川ダム 83.5 21,000 重力式 計画中
水特法指定
北上川 稗貫川 早池峰ダム 73.5 15,900 重力式
北上川 豊沢川 豊沢ダム 59.1 23,256 重力式 農林省施工
北上川 夏油川 入畑ダム 80.0 15,400 重力式
盛川 鷹生川 鷹生ダム 77.0 9,680 重力式
宮城県 北上川 旧北上川 迫川 花山ダム 47.8 36,600 重力式
北上川 旧北上川 迫川 長沼 長沼ダム 15.3 38,500 アース 建設中
水特法9条指定
鳴瀬川 鳴瀬川 漆沢ダム 80.0 18,000 ロックフィル
鳴瀬川 筒砂子川 筒砂子ダム 94.0 26,000 ロックフィル 計画中
名取川 広瀬川 大倉川 大倉ダム 82.0 28,000 多連式アーチ 建設省施工
秋田県 米代川 阿仁川 小又川 森吉ダム 62.0 37,200 重力式
米代川 藤琴川 粕毛川 素波里ダム 72.0 42,500 重力式
雄物川 皆瀬川 皆瀬ダム 66.5 31,600 ロックフィル 建設省施工
雄物川 玉川 鎧畑ダム 58.5 51,000 重力式 建設省施工
山形県 赤川 赤川 荒沢ダム 61.0 41,420 重力式
福島県 真野川 真野川 真野ダム 69.0 36,200 重力式 水特法指定
太田川 太田川 横川ダム 78.5 13,650 重力式
木戸川 木戸川 木戸ダム 89.5 21,800 重力式 建設中
夏井川 小玉川 小玉ダム 102.0 12,300 重力式
鮫川 四時川 四時ダム 83.5 12,100 ロックフィル
阿賀野川 濁川 押切川 日中ダム 101.0 24,600 ロックフィル 農林水産省施工

関東地方[編集]

所在地 水系 一次
支川
(本川)
二次
支川
三次
支川
ダム名 堤高
(m)
総貯水
容量
(千m³)
型式 備考
茨城県 大北川 大北川 小山ダム 65.0 16,000 重力式
栃木県 那珂川 那珂川 深山ダム 75.5 25,800 ロックフィル 農林省施工
那珂川 荒川 東荒川ダム 70.0 5,950 重力式
利根川 鬼怒川 大谷川 中禅寺湖 中禅寺ダム 6.4 25,100 重力式 小堰堤
群馬県 利根川 吾妻川 四万川 四万川ダム 89.5 8,600 重力式
利根川 烏川 倉渕ダム 85.6 11,600 重力式 凍結中
利根川 烏川 碓氷川 増田川 増田川ダム 76.3 5,800 台形CSG 計画中
利根川 烏川 鏑川 道平川 道平川ダム 70.0 5,100 重力式
千葉県 小櫃川 小櫃川 亀山ダム 34.5 14,200 重力式 水特法指定
埼玉県 荒川 入間川 有間川 有間ダム 83.5 7,600 ロックフィル
東京都 多摩川 多摩川 小河内ダム 149.0 189,100 重力式 奥多摩湖
神奈川県 相模川 相模川 相模ダム 58.4 63,200 重力式 相模湖
相模川 相模川 城山ダム 75.0 62,300 重力式 津久井湖
境川 境川 本沢ダム 73.0 4,740 ロックフィル 城山湖
酒匂川 河内川 三保ダム 95.0 64,900 ロックフィル 丹沢湖

中部地方[編集]

所在地 水系 一次
支川
(本川)
二次
支川
三次
支川
ダム名 堤高
(m)
総貯水
容量
(千m³)
型式 備考
新潟県 三面川 三面川 奥三面ダム 115.0 125,500 アーチ式
三面川 三面川 三面ダム 82.5 47,800 重力式
胎内川 胎内川 奥胎内ダム 82.0 10,000 重力式 建設中
胎内川 胎内川 胎内川ダム 93.0 17,000 重力式
加治川 加治川 加治川治水ダム 106.5 22,500 重力式
加治川 内の倉川 内の倉ダム 82.5 24,800 中空重力式 農林省施工
信濃川 魚野川 破間川 破間川ダム 93.5 15,800 重力式
信濃川 魚野川 破間川 和田川 広神ダム 83.0 12,400 重力式 建設中
信濃川 刈谷田川 刈谷田川ダム 83.5 4,450 重力式
信濃川 五十嵐川 大谷ダム 75.5 20,000 ロックフィル
信濃川 五十嵐川 笠堀川 笠堀ダム 74.5 15,400 重力式
富山県 神通川 井田川 室牧川 室牧ダム 80.5 17,000 アーチ式
神通川 久婦須川 久婦須川ダム 95.0 11,100 重力式
庄川 境川 境川ダム 115.0 56,100 重力式
石川県 犀川 犀川 犀川ダム 72.0 14,300 重力式
犀川 内川 内川ダム 81.0 9,500 重力式
梯川 梯川 赤瀬ダム 38.0 6,000 重力式
大聖寺川 大聖寺川 九谷ダム 71.8 26,800 重力式 水特法指定
福井県 九頭竜川 真名川 笹生川ダム 76.0 58,806 重力式
九頭竜川 日野川 桝谷川 桝谷ダム 100.4 24,200 ロックフィル 農林水産省
と共同管理
九頭竜川 竹田川 龍ヶ鼻ダム 79.5 10,200 重力式
北川 河内川 河内川ダム 77.7 7,550 重力式 建設中
山梨県 富士川 塩川 塩川ダム 79.0 13,000 重力式 水特法指定
富士川 笛吹川 広瀬ダム 75.0 14,300 ロックフィル
富士川 笛吹川 荒川 荒川ダム 88.0 10,800 ロックフィル 水特法指定
相模川 葛野川 深城ダム 87.0 6,440 重力式
長野県 信濃川 犀川 裾花川 裾花ダム 83.0 15,000 アーチ式
信濃川 百々川 灰野川 豊丘ダム 81.0 2,580 重力式
天竜川 松川 松川ダム 84.3 7,400 重力式 再開発中
天竜川 沢川 箕輪ダム 72.0 9,500 重力式
岐阜県 木曽川 可児川 久々利川 小渕ダム 18.4 552 ロックフィル
木曽川 長良川 亀尾島川 内ヶ谷ダム 81.7 9,100 重力式 計画中
静岡県 太田川 太田川 太田川ダム 70.0 11,600 重力式 建設中
愛知県 庄内川 新川 五条川 入鹿池ダム 25.7 15,183 アース

近畿地方[編集]

所在地 水系 一次
支川
(本川)
二次
支川
三次
支川
ダム名 堤高
(m)
総貯水
容量
(千m³)
型式 備考
三重県 雲出川 八手俣川 君ヶ野ダム 73.0 23,300 重力式
宮川 宮川 宮川ダム 88.5 70,500 重力式
滋賀県 淀川 姉川 姉川ダム 80.5 6,500 重力式
淀川 愛知川 永源寺ダム 68.0 22,741 複合式 農林省施工
京都府 由良川 由良川 大野ダム 61.4 28,550 重力式 建設省施工
奈良県 大和川 大和川 初瀬ダム 55.0 4,390 重力式
大阪府 大和川 西除川 狭山池ダム 18.5 2,800 アース 日本最古
淀川 神崎川 安威川 安威川ダム 76.5 18,000 ロックフィル 建設中
水特法指定
和歌山県 古座川 古座川 七川ダム 58.5 30,800 重力式
日高川 日高川 椿山ダム 56.5 49,000 重力式 水特法9条指定
有田川 有田川 二川ダム 67.4 30,100 重力式
兵庫県 武庫川 武庫川 武庫川ダム 73.5 10,900 重力式 凍結中
水特法指定
揖保川 引原川 引原ダム 66.0 21,950 重力式

中国地方[編集]

所在地 水系 一次
支川
(本川)
二次
支川
三次
支川
ダム名 堤高
(m)
総貯水
容量
(千m³)
型式 備考
鳥取県 日野川 法勝寺川 賀祥ダム 46.4 7,450 重力式 水特法指定
島根県 斐伊川 斐伊川 三成ダム 36.0 3,869 アーチ式 建設省施工
江の川 八戸川 八戸ダム 72.0 26,800 重力式
周布川 周布川 大長見ダム 70.0 30,500 重力式
岡山県 旭川 旭川 湯原ダム 73.5 99,600 重力式 中国電力
と共同管理
旭川 旭川 旭川ダム 45.0 57,382 重力式
高梁川 高梁川 千屋ダム 97.5 28,000 重力式
広島県 沼田川 沼田川 福富ダム 58.0 12,800 重力式 水特法指定
広島県
山口県
小瀬川 小瀬川 小瀬川ダム 49.0 11,400 重力式 両県共同管理
山口県 錦川 錦川 向道ダム 43.3 7,030 重力式 中国電力
と共同管理
錦川 錦川 菅野ダム 87.0 95,000 重力式
錦川 錦川 平瀬ダム 68.0 32,500 重力式 建設中
水特法指定
錦川 生見川 生見川ダム 90.0 30,800 重力式 水特法指定
末武川 末武川 末武川ダム 89.5 19,000 ロックフィル 水特法指定
佐波川 佐波川 佐波川ダム 54.0 24,600 重力式
厚東川 厚東川 厚東川ダム 38.8 23,788 重力式
木屋川 木屋川 木屋川ダム 41.0 21,750 重力式
阿武川 阿武川 阿武川ダム 95.0 153,500 重力式アーチ

四国地方[編集]

所在地 水系 一次
支川
(本川)
二次
支川
三次
支川
ダム名 堤高
(m)
総貯水
容量
(千m³)
型式 備考
香川県 香東川 椛川 椛川ダム 91.5 10,560 重力式 計画中
水特法指定
徳島県 勝浦川 勝浦川 正木ダム 67.0 15,050 重力式
高知県 物部川 物部川 永瀬ダム 87.0 49,090 重力式 建設省施工
愛媛県 加茂川 加茂川 黒瀬ダム 61.7 36,000 重力式

九州・沖縄地方[編集]

所在地 水系 一次
支川
(本川)
二次
支川
三次
支川
ダム名 堤高
(m)
総貯水
容量
(千m³)
型式 備考
福岡県 祓川 祓川 伊良原ダム 80.0 28,600 重力式 建設中
水特法指定
多々良川 猪野川 猪野ダム 78.9 4,910 重力式
那珂川 那珂川 五ヶ山ダム 102.5 40,200 重力式 建設中
水特法指定
矢部川 矢部川 日向神ダム 79.5 27,900 重力式
佐賀県 六角川 六角川 矢筈ダム 32.5 1,310 重力式
鹿島川 中川 中木庭ダム 69.5 6,500 重力式
長崎県 郡川 郡川 萱瀬ダム 65.5 6,440 重力式
熊本県 緑川 緑川 船津ダム 25.5 2,495 重力式
球磨川 球磨川 市房ダム 78.5 40,200 重力式 建設省施工
球磨川 球磨川 荒瀬ダム 23.0 10,137 重力式 撤去予定
球磨川 免田川 清願寺ダム 60.5 3,450 アース
大分県 大分川 芹川 芹川ダム 52.2 27,500 重力式
五ヶ瀬川 北川 北川ダム 82.0 41,000 アーチ式
宮崎県 小丸川 小丸川 松尾ダム 68.0 45,202 重力式
小丸川 渡川 渡川ダム 62.5 33,900 重力式
大淀川 岩瀬川 岩瀬ダム 55.5 57,000 重力式
大淀川 本庄川 綾南ダム 64.0 38,000 重力式
大淀川 本庄川 綾北川 綾北ダム 75.3 21,300 アーチ式
鹿児島県 万之瀬川 万之瀬川 川辺ダム 55.0 3,030 重力式
沖縄県 比謝川 与那原川 倉敷ダム 33.5 7,100 ロックフィル 沖縄総合事務局
施工

参考文献[編集]

関連項目[編集]