大谷川 (日光市)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
大谷川
大谷川 2007年10月20日撮影
大谷川にかかる神橋
水系 一級水系 利根川
種別 一級河川
延長 29.9 km
流域面積 259 km²
水源 中禅寺湖
水源の標高 1,269 m
河口・合流先 鬼怒川
流域 栃木県日光市
テンプレートを表示
大谷川の水源付近。奥が中禅寺湖

大谷川(だいやがわ)は、栃木県日光市を流れる利根川水系鬼怒川支流の一級河川である。

地理[編集]

栃木県日光市日光国立公園中禅寺湖に源を発し東へ流れ、日光市町谷で鬼怒川に合流する。

大谷川及びその支流には、華厳滝をはじめとして裏見滝霧降の滝、寂光滝、白糸の滝など著名な滝が多くある。中禅寺湖から流出しすぐに華厳滝となるが、中禅寺湖と華厳滝の間は海尻川または大尻川と呼ばれている。

大谷川は発電に利用されるため、場所により普段は水量は少なく枯れ川同然の時もある。しかし台風大雨の際は増水する。1902年(明治35年)9月28日に関東地方を襲った台風(足尾台風)によって発生した洪水では、家屋が流され神橋が損壊するなどの甚大な被害を引き起こしている[1]

産業[編集]

中禅寺湖の標高は約1,270m、華厳滝直下で約1,170m、馬返しで約870m、日光駅前で約530m、今市駅近辺で約390mであり標高差が大きく中禅寺湖を水源とし水量が安定しているため上流部は古くから水力発電に利用されてきた。1906年設立の古河鉱業日光電気精銅所の銅精錬やその後のアルミ精錬に利用され日本の工業近代化に貢献した。現在も約10ヶ所の水路式発電所が稼動している。また下流部は灌漑、上水道用に利用されている。

周辺[編集]

橋梁[編集]

支流[編集]

  • 荒沢
  • 田母沢
  • 稲荷川
  • 志渡淵川
  • 赤沢
  • 鳴沢
  • 丸見川
  • 江戸川

脚注[編集]

  1. ^ 福田和美 『日光鱒釣紳士物語』 山と渓谷社1999年12月1日、初版第1刷、86-91頁。ISBN 4-635-36062-8

関連項目[編集]