佐幌川

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
佐幌川
佐幌川 2010年7月18日撮影
新得町中心部を流れる佐幌川
水系 一級水系 十勝川
種別 一級河川
延長 42.8 km
流域面積 379.6 km²
水源 下ホロカメットク山稚空知山を結ぶ稜線(新得町
水源の標高 790 m
河口・合流先 十勝川清水町
流域 日本の旗 日本 北海道
テンプレートを表示

佐幌川(さほろがわ)は、北海道中央部の十勝総合振興局管内の新得町および清水町を流れ十勝川に注ぐ一級河川。30あまりの支川を合流する。

行政指定[編集]

指定内容は、以下のとおり[1]

  • 河川指定 : 一級河川(1966年指定)
  • 流端
  • 水系指定 : 一級水系十勝川水系(1966年指定)

流路[編集]

佐幌岳北方の分水嶺を水源とし佐幌ダムに注ぎ、国道38号沿いに新得駅および十勝清水駅付近を流れ、道東自動車道十勝川の交点付近となる清水町御影で、十勝川へ西側から注ぐ。

上流は左岸側から一の沢(佐幌ダムで本流に合流)、二の沢(本流)、西佐幌川(三の沢)があり、十勝岳火砕流を刻む。中下流の右岸には、小林川などの日高山脈から流入する支流が多い。

自然について[編集]

植物[編集]

カラマツ人工林、シナノキイタヤカエデハルニレヤチダモカツラホオノキトドマツエゾマツがみられる。

生物[編集]

以下の生物の生息が確認されている。

歴史[編集]

経済[編集]

開拓当初(1899年〈明治32年〉ころ)は、佐幌川へ流れる支流を利用し、早くから水力による澱粉製造が行われていた[2]

鉄道(根室本線として1907年〈明治40年〉に開通)敷設工事に伴う線路用枕木の需要増加に加え、明治時代末期から大正時代初期には、家屋建築による木材需要も高まった。このため、佐幌川流域の国有林の立木の払い下げにより、冬山造材された丸太が、佐幌川を流送されて陸揚げされた[3]

大正時代末期には酪農が流域で開始され、1928年(昭和3年)に清水町に練乳工場(明治乳業)が設立され、1946年(昭和21年)に北海道農業試験場畜産部(現在の北海道立総合研究機構畜産試験場)が札幌市から移設され、1956年(昭和31年)には、流域の平野が集約酪農地域に指定され、十勝地方の酪農の中心となった。

支流[編集]

流入する一級河川は、上流から順に以下のとおり。

  • パンケ新得川
    • 九号川(パンケ新得川への流入)
  • ペンケオタソイ川
  • パンケオタソイ川
  • イワシマクシベツ川
  • 金平川
  • ペケレベツ川
    • ナイ川(ペケレベツ川への流入)
  • 小林川

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 1966年(昭和41年)3月28日政令第50号「河川法第四条第一項の水系及び一級河川を指定する政令の一部を改正する政令」
  2. ^ 新得町史 農業
  3. ^ 新得町史 その他の産業

外部リンク[編集]