サロベツ川

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
サロベツ川
水系 一級水系 天塩川
種別 一級河川
延長 85 km
平均の流量 23.7 m³/s
(音類橋観測所 1983年〜2007年(2004年欠測))
水源 幌尻山豊富町
水源の標高 427 m
河口・合流先 天塩川幌延町
流域 北海道
テンプレートを表示

サロベツ川(さろべつがわ)は、北海道宗谷総合振興局管内を流れる天塩川水系一級河川である。

地理[編集]

北海道天塩郡豊富町東部の宗谷郡猿払村との境界にある幌尻山の南に源を発し北西に流れる。豊富町北部で流路を南に大きく変え、サロベツ原野を蛇行しながら流れ、幌延町天塩町の境で天塩川へと注ぐ。

名称の由来[編集]

アイヌ語の「サオペッ(サロペッ)[1]」もしくは「サオマッペッ(サロマペッ)[2]」、「サペッ[3]」に由来し、いずれも「原・にある・川」の意である[4]。なお、豊富町芦川の地名はこれを意訳したものとされている[5][6]

災害[編集]

  • 2018年3月の融雪期、上流から大量の融雪による河川水が流れ込む一方、下流域では氷が河道に詰まり一部が閉塞。氾濫がおきて牧草地が水没するなどの被害が出た[7]

流域の自治体[編集]

北海道
天塩郡豊富町稚内市、天塩郡幌延町

支流[編集]

脚注[編集]

  1. ^ アイヌ語ラテン翻字: sar-o-pet
  2. ^ アイヌ語ラテン翻字: sar-oma-pet
  3. ^ アイヌ語ラテン翻字: sar-pet
  4. ^ アイヌ語地名リスト ゴ~シブ P51-60P”. アイヌ語地名リスト. 北海道 環境生活部 アイヌ政策推進室 (2007年). 2017年10月20日閲覧。
  5. ^ 書籍『JR・私鉄全線各駅停車1 北海道630駅』(小学館1993年6月発行)150-151ページより。
  6. ^ アイヌ語地名リスト ア~イチ P1-10”. アイヌ語地名リスト. 北海道 環境生活部 アイヌ政策推進室 (2007年). 2017年10月20日閲覧。
  7. ^ サロベツ川の水位上昇 雪解け水流入、一時警報”. 北海道新聞 (2018年4月1日). 2018年4月1日閲覧。