雨竜川

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
雨竜川
水系 一級水系 石狩川
種別 一級河川
延長 155 km
平均の流量 30.70 m³/s
(幌加内観測所 2013年[1]
流域面積 1,673 km²
水源 相志向岳幌加内町
水源の標高 896 m
河口・合流先 石狩川滝川市/雨竜町
流域 北海道空知総合振興局管内
テンプレートを表示

雨竜川(うりゅうがわ)は、石狩川有数の支流で、北海道石狩平野北部の雨竜平野を流れる一級河川である。

地理[編集]

北海道雨竜郡幌加内町の北端付近の中川郡中川町天塩郡遠別町の境界にある相志向岳に源を発し、雨竜第1ダムでせき止められた朱鞠内湖(雨竜第1貯水池)に流れ込み、ほかの多くの沢を集める。ソバ畑の広がる幌加内盆地、ポンカムイコタン[2]という峡谷、そして幌加内の中心部を南へ流れ、深川市に入り鷹泊ダムの鷹泊貯水池に流れ込む。石狩平野に出ると南西に向きを変え著しく屈曲させながら流れ、秩父別町北竜町の境界付近で再び南へ転じ、江竜橋付近の滝川市雨竜町の境界で石狩川に合流する。

上流部は森林地帯であり、戦前から戦後にかけて森林資源開発や電源開発が盛んに行われていた。下流の平野部では極端に曲流し多くの三日月湖を残すが、その反面、度々洪水をもたらしてきた。このため流路を短絡する捷水路事業が行われている。流域ではカヌーが楽しまれている。

流域の自治体[編集]

北海道
雨竜郡幌加内町深川市、雨竜郡沼田町秩父別町北竜町妹背牛町雨竜町滝川市

名称の由来[編集]

アイヌ語に由来するが、正確な由来はわからなくなっている。

一説には「ウリオペッ(ウリロペッ)[3]」(・たくさんいる・川)、あるいは「オリオペッ(オリロペッ)[4]」(そこに・波・立つ・川)からとされる[5]

このほか、探検家の松浦武四郎は、太古の神が「ウリウ」の名をつけたという伝説によるものである、と記している[5]ほか、アイヌ伝説上の巨大な怪鳥フリューが流域にいたとされる事に由来するという説が存在する。

気象[編集]

北海道で有数の豪雪地帯であり、寒冷地帯でもある。1978年2月17日には、朱鞠内湖北東に位置する幌加内町北母子里で、日本での公式最低気温となる-41.2℃[6]を記録している。

並行する交通[編集]

1995年まで上中流域でJR北海道深名線が並行していた。現在はジェイ・アール北海道バスバス路線(深名線)を運行している。中下流域でも国鉄札沼線1972年まで並走していた。

道路[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 流況表/幌加内(ほろかない)”. 水文水質データベース. 国土交通省水管理・国土保全局. 2016年1月10日閲覧。
  2. ^ カムイコタンは「神の住む場所」を意味し、人が近寄れない難所に名付けられることが多い。石狩川のカムイコタンのほか、北海道各地に同様の地名が存在する。雨竜川流域ではポンカムイコタン(小さなカムイコタン)のほかに鷹泊ダムの流入口付近にポロカムイコタン(大きなカムイコタン)があった。上流のダムが無い時代には水量が多く通行も困難であった。
  3. ^ アイヌ語ラテン翻字: urir-o-pet
  4. ^ アイヌ語ラテン翻字: urir-o-pet
  5. ^ a b アイヌ語地名リスト イチャ~エリ P11-20”. アイヌ語地名リスト. 北海道 環境生活部 アイヌ政策推進室 (2007年). 2017年10月20日閲覧。
  6. ^ 非公式では美深町の-41.5℃がある。

外部リンク[編集]