石狩平野

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

石狩平野(いしかりへいや)は、北海道西部に位置する面積3,800km2平野である。

概要[編集]

上空から見た石狩平野

北は増毛山地、東は夕張山地、南西部は余市岳恵庭岳などで囲まれている。北海道最大の一級河川である石狩川の中流・河口付近にあたり、平野の西部には札幌がある。石狩振興局空知総合振興局にまたがっている。最北端は空知総合振興局深川市

土地は、かつてはほとんどが泥炭地であったため農業には不向きであったが、土地改良(客土)や治水事業などの結果、現在では多くの水田が広がっており、北海道を誇る稲作地帯である。

石狩平野のうち、空知管内に含まれる部分を特に空知平野とも呼ぶ。

南は低い丘陵をはさんで勇払平野につながっており、石狩平野西部と勇払平野をあわせて石狩低地帯と呼んでいる。