戸蔦別川

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
戸蔦別川
Totsutabetsu Riv.JPG
戸蔦別川 戸蔦大橋より上流を望む
水系 一級水系 十勝川
種別 一級河川
延長 44 km
平均の流量 -- m³/s
流域面積 304 km²
水源 戸蔦別岳帯広市新冠町
水源の標高 1,959 m
河口・合流先 札内川(帯広市)
流域 北海道十勝総合振興局管内
テンプレートを表示

戸蔦別川(とったべつがわ)は、北海道十勝総合振興局管内を流れる十勝川水系札内川支流の一級河川である。川の名の由来は、アイヌ語の「Totta(大袋・箱)pet(川)」であり、上流部の切り立った峡谷を、箱にたとえたもの[1]である[2]。 上流域は日高山脈襟裳国定公園に指定されている。

地理[編集]

北海道帯広市西部に位置する日高山脈系の戸蔦別岳(標高1,959m)に源を発し、帯広市内を東へと流れる。岩内川を合わせ、北東に流れを変え札内川に合流する。

流域の自治体[編集]

北海道
帯広市河西郡中札内村

支流[編集]

  • 十ノ沢
  • 八ノ沢
  • エサオマントッタベツ川
  • ピリカペタヌ沢川
  • オビリネップ川
  • 岩内川

関連項目[編集]

主な橋梁[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 戸蔦別川 (北海道開発局 帯広建設管理部)
  2. ^ 北道邦彦『アイヌ語地名で旅する北海道』朝日新聞社、2008年、61頁