勝浦川

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
勝浦川
勝浦川 2013年3月30日撮影
勝浦川橋から見た勝浦川(小松島市)
水系 二級水系 勝浦川
種別 二級河川
延長 49.6 km
平均流量 -- /s
流域面積 224 km²
水源 雲早山徳島県
水源の標高 1496 m
河口・合流先 紀伊水道
流域 日本の旗 日本 徳島県
テンプレートを表示

勝浦川(かつうらがわ)は、徳島県を流れる二級河川。勝浦川水系の本流である。

地理[編集]

雲早山の東斜面に水源があり、上流の勝浦郡上勝町から中流の勝浦町、下流の小松島市を経て、徳島市南部の紀伊水道に注ぐ全長49.6km、流域面積224平方km、流域人口2万6千人の河川。

橋梁は勝浦浜橋、野上潜橋、江田橋、勝浦川橋、新橋、飯谷橋、福原大橋、今山橋などがある。 江田橋上流付近では、昭和52年頃まで、近隣に位置する千代小学校の水泳授業が行われていた。

参考までに、勝浦川においては、河川管理者である徳島県で「遊泳禁止区間」は設定されていない(2015年6月2日現在)。したがって、遊泳は自己責任にかかるのみで、法的拘束力は発生しない。

流域の自治体[編集]

徳島県
上勝町勝浦町小松島市徳島市
勝浦浜橋近景
江田橋近景
小松島市付近の潜水橋(江田橋)、遠方に眉山を望む
勝浦川橋遠景


支流[編集]

河川施設[編集]

  • 正木ダム
  • 棚野ダム

自然景勝地[編集]