コンバインダム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

コンバインダムとは、複数の形式を組み合わせて建設されるダム型式の一種である。通常、異なる型式が同じ河床に連結して建設されたダムを指し、やや離れた場所に異なる型式の鞍部ダムが建設されているダムは、コンバインダムのカテゴリーには入らない。

概要[編集]

ケバンダム
トルコ。210.0 m

ダムを建設する際には岩盤の硬さが重要と成るが、ダム建設地点の何れかの河岸の岩盤が堅固でない場合、又は超巨大ダムの場合は、複数の方式を組み合わせる場合がある。大抵の場合においては、重力式コンクリートダムロックフィルダムの複合タイプであることが多い。ロックフィルダムの型式は、月光川ダム(コンクリートフェイシングフィルダム)を除き全て中央土質遮水壁型ロックフィルダムである。

世界的には最大のダムとしてグルジアに現在建設されているカンバラチンスクダム(堤高:255.0 m)があり、この他イタイプダム(重力式コンクリートダム+アースダム複合型)が有名である。日本では石羽根ダムが最初であるが、北海道・東北地方に多い。

順位 国名 ダム名 堤高
(m)
総貯水
容量
(千m3
完成年 備考
1位 グルジア カンバラチンスクダム 255.0 4,650,000 建設中 重力式アースの複合
2位 トルコ ケバンダム 210.0 30,600,000 1974年 重力式とロックフィルの複合
3位 ブラジル
パラグアイ
イタイプダム 196.0 29,000,000 1991年 重力式とアース、及びバットレスの三型式混合

日本のコンバインダム一覧[編集]

重力式コンクリートダム+アースダム複合型[編集]

所在地 水系名 一次
支川名
(本川)
二次
支川名
三次
支川名
ダム名 堤高
(m)
総貯水
容量
(千m3
管理主体 備考
岩手県 北上川 北上川 四十四田ダム 50.0 47,100 国土交通省  

重力式コンクリートダム+ロックフィルダム複合型[編集]

重力式+ロックフィル複合型
御所ダム岩手県
所在地 水系名 一次
支川名
(本川)
二次
支川名
三次
支川名
ダム名 堤高
(m)
総貯水
容量
(千m3
管理主体 備考
熊本県 菊池川 迫間川 竜門ダム 99.5 42,500 国土交通省  
北海道 石狩川 忠別川 忠別ダム 86.0 93,000 国土交通省  
福島県 阿賀野川 阿賀野川 大川ダム 75.0 57,500 国土交通省  
滋賀県 淀川 愛知川 永源寺ダム 73.5 22,741 滋賀県 農林省施工
福岡県 筑後川 宝満川 山口川 山神ダム 59.0 2,980 福岡県  
長崎県 川棚川 川棚川 石木ダム 58.5 6,740 長崎県 事実上凍結
岩手県 北上川 雫石川 御所ダム 52.5 65,000 国土交通省  
富山県 白岩川 白岩川 白岩川ダム 50.0 2,200 富山県  
山形県 月光川 月光川 月光川ダム 48.0 1,780 山形県  
北海道 十勝川 美生川 美生ダム 47.2 9,400 北海道開発局 農林水産省管理
沖縄県 辺野喜川 辺野喜川 辺野喜ダム 42.0 4,500 沖縄総合事務局 国土交通省
北海道 後志利別川 後志利別川 美利河ダム 40.0 18,000 国土交通省  
岩手県 北上川 和賀川 石羽根ダム 20.5 4,050 東北水力地熱  
北海道 十勝川 利別川 美里別川 ヌカナン川 糠南ダム 18.6 665 電源開発  

関連項目[編集]