大手橋 (木曽川)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

大手橋(おおてばし)は、長野県木曽郡木曽町木曽川にかかるである。

橋の名称は、木曽代官所大手にあたることからであり、江戸時代の木曽代官所設置のころに初代の大手橋が架橋されたと推測される。

現在の大手橋は、1936年昭和11年)12月完成した鉄筋コンクリートローゼ桁橋であり、設計、建築は建築技師の中島武2002年平成13年)に土木学会選奨土木遺産を受賞した。

歴史[編集]

江戸時代、木曽代官所が設置されたころに初代が架橋されたと推測されているが、詳細は不明。記録に残る最も古い架け替えの記録は、1703年元禄5年)、1706年宝永3年)などがある。江戸時代には繰り返し架け替えが行われていた。

明治時代以降も、1886年(明治19年)、1913年大正2年)に架け替えられ、1936年(昭和11年)に現在の大手橋が完成。

1970年(昭和45年)、改良補強工事が行われ、重量制限が6トンから14トンになった。

概要[編集]

  • 供用開始:1936年(昭和11年)12月
  • 橋長: 42.0m
  • 幅員: 5.5m
  • 橋梁形式:鉄筋コンクリートローゼ桁橋