木曽川橋梁 (関西本線)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
右岸より撮影

木曽川橋梁(きそがわきょうりょう)は、三重県桑名市愛知県弥富市をむすぶ、木曽川に架かる関西本線の橋梁である。

長島駅弥富駅の間に架かる鉄道橋である。

現在の橋梁は3代目である。初代は伊勢電気鉄道に払い下げられ、近畿日本鉄道名古屋線木曽川橋梁として、1959年(昭和34年)まで使用された。

概要[編集]

  • 完成:1976年(昭和51年)
  • 延長: 854.0m 複線式 単純トラス橋
  • 区間:三重県桑名市長島町押付~愛知県弥富市小島町

沿革[編集]

  • 1895年明治28年) - 関西鉄道により完成する。全長865m。
  • 1907年(明治40年)10月1日 - 関西鉄道が国有化。関西本線になる。
  • 1928年昭和3年) - 2代目木曽川橋梁が完成する。初代の橋梁は後に伊勢電気鉄道に払い下げられる。
  • 1976年(昭和51年) - 現在の3代目木曽川橋梁が完成する。

隣の橋[編集]

(下流 河口) 木曽川橋伊勢湾岸自動車道) - 木曽川大橋国道23号) - 尾張大橋 - 木曽川橋梁近畿日本鉄道名古屋線) - 木曽川橋梁(関西本線) - 木曽川橋東名阪自動車道) - 木曽川水管橋 - 立田大橋 - 葛木渡船 - 日原渡船 - 東海大橋 (上流)

座標: 北緯35度06分22.6秒 東経136度42分42.0秒 / 北緯35.106278度 東経136.711667度 / 35.106278; 136.711667