木曽川橋 (東名阪自動車道)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
木曽川橋
多度山から望む木曽川橋
基本情報
日本の旗 日本
所在地 愛知県弥富市五明- 三重県桑名市長島町小島 間[1]
交差物件 木曽川
座標 北緯35度06分57.0秒
東経136度42分13.3秒
座標: 北緯35度06分57.0秒 東経136度42分13.3秒
構造諸元
形式 下路式のワーレントラス
全長 900 m
17 m
関連項目
橋の一覧 - 各国の橋 - 橋の形式
テンプレートを表示

木曽川橋(きそがわばし)は、愛知県弥富市三重県桑名市木曽川に架かる、東名阪自動車道自動車専用道路である[1]

弥富IC長島ICとの間にある。

概要[編集]

蟹江IC - 桑名IC開通時
  • 延長 900m
  • 幅員 17.0m
  • 構造 下路式ワーレントラス

その他[編集]

揖斐川長良川に架かる同構造の揖斐長良川橋(東名阪自動車道)

隣の橋[編集]

(下流 河口) 木曽川橋伊勢湾岸自動車道) - 木曽川大橋国道23号) - 尾張大橋 - 木曽川橋梁近畿日本鉄道名古屋線) - 木曽川橋梁関西本線) - 木曽川橋(東名阪自動車道) - 木曽川水管橋 - 立田大橋 - 葛木渡船 - 日原渡船 - 東海大橋 (上流)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 地図閲覧サービス(木曽川橋)”. 国土地理院. 2013年10月16日閲覧。