兼山ダム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
兼山ダム
兼山ダム
所在地 左岸:岐阜県可児市兼山魚屋東町
右岸:岐阜県加茂郡八百津町大字和知
位置 北緯35度27分53.8秒
東経137度06分12.5秒
河川 木曽川水系木曽川
ダム湖
ダム諸元
ダム型式 重力式コンクリートダム
堤高 36.3 m
堤頂長 205.7 m
堤体積 105,000
流域面積 2,452.0 km²
湛水面積 102.0 ha
総貯水容量 9,392,000 m³
有効貯水容量 3,703,000 m³
利用目的 発電
事業主体 関西電力
電気事業者 関西電力
発電所名
(認可出力)
兼山発電所
(39,000kW)
施工業者 間組
着工年/竣工年 1939年/1943年
テンプレートを表示

兼山ダム(かねやまダム)は、岐阜県加茂郡八百津町可児市(旧・可児郡兼山町)に跨る木曽川本川に建設された発電専用ダムである。

沿革[編集]

木曽川水系における電源開発計画の一環として、大井ダム落合ダム今渡ダムに続いてダム式発電所として国策企業である日本発送電株式会社が、戦争が激化している最中の1943年(昭和18年)に建設した。戦後、日本発送電が過度経済力集中排除法の指定を受け1951年(昭和26年)に分割・民営化され、管理は関西電力株式会社に移管され現在に至る。ダムに付設する兼山発電所の認可出力は39,000kW。ダムの型式は重力式コンクリートダムで、高さは36.3m。丸山ダムの下流に位置する。
目的は発電専用であるが、兼山ダム湖を利用して愛知用水公団(現・独立行政法人水資源機構)は、愛知用水の兼山取水口を建設した。水源の牧尾ダム味噌川ダム阿木川ダムから供給された水量をここから取水し、知多半島方面に送水する役割を果たしている。この兼山ダム湖が愛知用水の起点であり、幹線水路は可児市犬山市等を通り、最終的に知多半島最南端まで行っている。

観光[編集]

兼山ダムは、土木学会が選定する選奨土木遺産にも指定されている。丸山ダム~兼山ダム間の木曽川は蘇水峡と呼ばれ飛騨木曽川国定公園に指定されている。ダム下流も切り立った渓谷となっている。近くには森可成森長可森成利(蘭丸)父子の居城・金山城址もある。尚、以前は名鉄八百津線兼山駅があったが廃止されて今は無い。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]