弁天橋 (木曽川)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

弁天橋(べんてんばし)は、岐阜県中津川市木曽川に架かるである。

落合ダムのダム湖にかかる橋である。現在の橋は2代目である。

概要[編集]

  • 供用 :1977年(昭和52年)
  • 延長:118.0m
  • 幅員:6.0m
  • 区間:岐阜県中津川市落合 - 岐阜県中津川市瀬戸

沿革[編集]

1926年(大正15年)、落合ダムの完成と同時に初代の弁天橋が架橋される。歩行者専用の吊り橋であった。

初代の弁天橋は老朽化が進み、橋を渡る人数が制限されたり、強風などの通行止めが行われるなど支障をきたすようになる。緊急時は落合ダムの堰堤を通行していたという。

老朽化の架け替えとして、現在の橋が完成する。

座標: 北緯35度31分38.1秒 東経137度31分47.4秒 / 北緯35.527250度 東経137.529833度 / 35.527250; 137.529833 (弁天橋)