馬飼頭首工

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
Japanese Route Sign Number 1.svgJapanese Route Sign Number 3.svgJapanese Route Sign Number 4.svg
愛知県道134号標識
Japanese Route Sign Number 1.svgJapanese Route Sign Number 3.svgJapanese Route Sign Number 4.svg
岐阜県道134号標識
馬飼大橋(馬飼頭首工)
木曽川右岸からの馬飼頭首工
基本情報
日本の旗 日本
所在地 愛知県稲沢市祖父江町馬飼大縄場 - 岐阜県羽島市桑原町前野 間
交差物件 木曽川
建設 1970年 - 1974年
座標 北緯35度15分10.6秒
東経136度41分18.5秒
座標: 北緯35度15分10.6秒 東経136度41分18.5秒
構造諸元
形式 桁橋
全長 721.5 m
7.5 m
関連項目
橋の一覧 - 各国の橋 - 橋の形式
テンプレートを表示

馬飼頭首工(まがいとうしゅこう)は、木曽川本川下流部に建設されたである。木曽川大堰とも呼ばれる。

木曽川河口から26 km上流、左岸愛知県稲沢市、右岸岐阜県羽島市の愛知・岐阜県境に建設された可動堰で独立行政法人水資源機構が管理している。全長721.5 m、幅7.5m。本体の施工者は前田建設工業

概要[編集]

木曽川用水下流部の水源として建設された。この地点には旧・佐屋川取水口があったが、堰の建設と共に改良されここから木曽川用水が流れ出している。

目的は上水道工業用水灌漑名古屋市に上水道を供給。また、三重用水を通して三重県に上水道と灌漑用水を、濃尾地区一帯に工業用水を供給している。さらに、長良川にある長良川河口堰と連携し、長良導水を通して知多半島方面にも上水道や工業用水を供給している。

堰の管理用道路は、1976年(昭和51年)2月26日より岐阜県道・愛知県道134号桑原祖父江線馬飼大橋(まかいおおはし)として供用されている。

これより下流には堰がなく、この下流が汽水域となりうる。アユなどの遡上の助けのために、堰には魚道が設けられている。

左岸端にある堰の魚道

関連項目[編集]

  • 八神渡船 - この橋の上流で運航されていた渡し船。岐阜県羽島市桑原町八神から対岸の愛知県稲沢市祖父江町を結んでいたが、1976年(昭和51年)の馬飼大橋完成により、その年3月末その役目を終え廃止された。

外部リンク[編集]