八百津大橋

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Japanese Route Sign Number 3.svgJapanese Route Sign Number 5.svgJapanese Route Sign Number 8.svg
岐阜県道358号標識

八百津大橋(やおつおおはし)は、岐阜県加茂郡八百津町木曽川に架かる岐阜県道358号井尻八百津線の橋である。

左岸下流より撮影

概要[編集]

  • 供用:1975年(昭和50年)
  • 延長:357.9m
  • 幅員:6.0m
  • 橋の構造:上路平行弦ワーレントラス橋
  • 区間:岐阜県加茂郡八百津町錦織〜岐阜県加茂郡八百津町八百津

その他[編集]

  • 八百津大橋の上流には、かつて「錦織橋」という吊り橋(全長148.0m・幅1.5m)が存在していたが、1983年(昭和58年)9月29日の集中豪雨により流出してしまった。その後再建されずに廃止され、現在も吊り橋の主塔が残っている。
  • 八百津だんじり祭(大舩神社例祭)では、3両のだんじりが八百津大橋を通過する。このだんじりは3両が連なると1隻の船を形作るもので、八百津大橋通過時にその姿を見ることが可能である。

座標: 北緯35度28分32.8秒 東経137度9分11秒 / 北緯35.475778度 東経137.15306度 / 35.475778; 137.15306