第一木曽川橋梁

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
下り線第一木曽川橋梁を走行するEF64牽引の貨物列車

第一木曽川橋梁(だいいちきそがわきょうりょう)は、岐阜県中津川市をむすぶ、木曽川に架かる中央本線の橋梁である。

坂下駅落合川駅の間に架かる鉄道橋である。上り線用と下り線用が別々にある。

概要[編集]

  • 供用
    • 上り線:1968年(昭和43年)
    • 下り線:1972年(昭和47年)
  • 延長: 93.3m
  • 構造: 下路曲弦ワーレントラス 1連
  • 区間: 坂下駅 - 落合川駅

沿革[編集]

  • 1907年(明治40年):完成。単線でアメリカンブリッジ製。下路ペチットトラス。
  • 1908年(明治41年)8月1日:中津駅 - 坂下駅が開通。供用開始。
  • 1968年(昭和43年)9月25日:坂下駅 - 落合川駅が複線化。上流側に上り線用の橋梁が架橋される。従来の第一木曽川橋梁は下り線用となる。
  • 1972年(昭和47年)4月24日:老朽化のため、下り線用橋梁が架け直される。

座標: 北緯35度31分41秒 東経137度31分53秒 / 北緯35.52806度 東経137.53139度 / 35.52806; 137.53139