賤母大橋

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
賤母大橋(国道19号)
国道19号標識
国道256号標識

賤母大橋(しずもおおはし)は、岐阜県中津川市長野県木曽郡南木曽町木曽川に架かる国道国道19号国道256号重複)のである。

開通当時は、長野県木曽郡山口村と南木曽町を結ぶ長野県内の橋であったが、2005年平成17年)、山口村が岐阜県中津川市に編入されたことにより、現在は岐阜県と長野県の県境の橋になっている。

概要[編集]

  • 供用:1987年(昭和62年)12月
  • 延長:191.0m
  • 幅員:12.0m
  • 区間:岐阜県中津川市山口 - 長野県木曽郡南木曽町田立

明治時代中山道の改良工事が進められたが、馬籠宿妻籠宿付近の勾配が激しいため、それを迂回する道として1892年(明治25年)に木曽川沿いに新道(賎母新道)が開通する。1955年昭和30年)の山口ダムの完成の為水没し、トンネル(賎母隧道)への付け替えが行なわれた。

昭和40年代以降のモータリゼーションによる交通量増加で慢性的な渋滞が発生したため、旧中央本線(1972年に島田トンネル完成で付替)の跡地を利用したバイパス建設が着手される。このバイパスに接続するために新たに架橋されたのが賤母大橋である。

その他[編集]

上流約1キロメートルに山口ダムがある。ダムの下流には「矢筈橋」という橋があり、山口ダムにより水没した旧々国道19号と接続していたが、現在は通行できない。

座標: 北緯35度35分08秒 東経137度33分46秒 / 北緯35.58556度 東経137.56278度 / 35.58556; 137.56278