片山ストラテック

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
片山ストラテック株式会社
Katayama Stratech Corp.
種類 株式会社
略称 片山
本社所在地 日本の旗 日本
551-0021
大阪府大阪市大正区南恩加島6-2-21
設立 1941年
業種 金属製品
法人番号 1120001027277
事業内容 鋼橋・鉄構・その他鋼構造物の設計・製作及び架設、建設コンサルティング業務、土木建築工事の設計・監理及び施工、CAD/CAMの開発・販売及び保守、橋梁・鉄構構造物の補修・補強
代表者 石原靖弘(経営統合時点の代表取締役社長
売上高 171億1,800万円(平成25年度)
従業員数 約200名(平成25年4月1日)
主要株主 清水建設
関係する人物 片山惣五郎
テンプレートを表示

片山ストラテック株式会社(かたやまストラテック、: Katayama Stratech Corp.)は、1917年に創業[1]し99年間存在していた日本の鉄骨・橋梁のファブリケーター。東京鐵骨橋梁と経営統合し、日本ファブテックとなる[2]。なおドイツのスーツケースブランドのストラティックとは無関係。

歴史[編集]

  • 1917年大正6年)7月 - 大阪市西区新町にて「片山商店」の名で創業[1]
  • 1921年(大正10年) - 「片山惣五郎商店 鉄工部」に改称。大阪市西区泉尾松之町(現・大正区泉尾町)に鉄骨製作仮工場を設置[1]
  • 1927年昭和2年) - 大阪市港区(現・大正区)南恩加島に大阪工場を建設[1]
  • 1934年(昭和9年) - 「片山鐵工所」に改称[1]
  • 1941年(昭和16年)7月17日 - 株式会社片山鉄工所を設立し、株式会社に改組[1]
  • 1960年 (昭和35年)4月 - 東京工場を東京都江東区塩浜に建設[1]
  • 1964年(昭和39年) - 大阪市大正区南恩加島に本社ビルを建設。また、東京工場を埼玉県江南村(現・熊谷市)に移転。工場名は名称変更せず、引き続き東京工場となる[1]
  • 1983年(昭和58年)8月 - CAD/CAMシステムの販売を開始[1]
  • 1992年平成4年)10月 - 社名を片山ストラテック株式会社に変更[3]。ストラテックは「構造物=ストラクチャー」と「技術=テクノロジー」の合成語。
  • 2016年(平成28年) - 競争力強化を目的として、清水建設の同業連結子会社である東京鐡骨橋梁に4月1日付で橋梁事業を継承、同年10月1日で鉄骨事業を継承して経営統合[4]。東京工場は熊谷工場、広島営業所は同名で継承し、それ以外の拠点は閉鎖する(大阪本社・工場は翌年1月27日に閉鎖)。
  • 2017年(平成29年)4月5日 - 法人格終了。

企業理念[編集]

創造と挑戦[1]

主な施工実績[編集]

[1]

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i j k 片山鉄工所社史編集委員会『創造と挑戦 片山鉄工所50年史』1991年[要ページ番号]
  2. ^ 4月1日付で新社名「日本ファブテック株式会社」に変更”. 日本ファブテック. 2018年11月18日閲覧。
  3. ^ 沿革”. 日本ファブテック. 2018年11月18日閲覧。
  4. ^ (株)東京鐵骨橋梁と片山ストラテック(株)の経営統合に関するお知らせ”. 日本ファブテック. 2018年11月18日閲覧。

外部リンク[編集]