虎渓大橋

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
国道19号標識
虎渓大橋
土岐川に架かる国道19号の虎渓大橋、多治見市上山町にて
基本情報
日本の旗 日本
所在地 岐阜県多治見市生田町 - 多治見市上山町
交差物件 土岐川
建設 - 1971年(昭和46年)
座標 北緯35度20分28秒
東経137度8分20秒
座標: 北緯35度20分28秒 東経137度8分20秒
構造諸元
全長 263.7 m
17.0 m
関連項目
橋の一覧 - 各国の橋 - 橋の形式
テンプレートを表示

虎渓大橋(こけいおおはし)は、岐阜県多治見市土岐川に架かる、国道19号多治見バイパス)の橋である。

橋の命名は一般公募によって行なわれ、近くの虎渓山永保寺虎渓公園などがある山)に由来する。

概要[編集]

  • 供用:1971年(昭和46年)3月
    当初は2車線。1975年(昭和50年)3月に4車線化。
  • 延長:263.7m
  • 幅員:17.0m (車道4車線+両側に幅1.5mの歩道)
  • 区間 岐阜県多治見市生田町 - 多治見市上山町

隣の橋[編集]

(上流) 土岐大橋(国道19号) - 土岐川橋東海環状自動車道) - 土合橋 - 虎渓大橋(国道19号) - 記念橋 - 多治見橋県道66号) - 昭和橋 - 陶都大橋県道67号) - 国長橋国道248号) (下流)