立田大橋

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
Japanese Route Sign Number 1.svgJapanese Route Sign Number 2.svgJapanese Route Sign Number 5.svg
愛知県道125号標識
立田大橋
南西の木曽川右岸から望む立田大橋
基本情報
日本の旗 日本
所在地 愛知県愛西市立田町松田 - 福原 間
交差物件 木曽川
建設 - 1984年
座標 北緯35度08分44.4秒
東経136度40分51.9秒
座標: 北緯35度08分44.4秒 東経136度40分51.9秒
構造諸元
形式 桁橋
全長 966 m
12 m
関連項目
橋の一覧 - 各国の橋 - 橋の形式
テンプレートを表示

立田大橋(たつたおおはし)は、愛知県愛西市木曽川に架かる愛知県道・岐阜県道・三重県道125号佐屋多度線桁橋である。

概要[編集]

長良川長良川大橋揖斐川油島大橋と合わせて、愛知県、岐阜県三重県を結ぶ重要な橋である。愛知県、三重県方面から木曽三川公園木曽三川公園センター)へのアクセス道路であり、休日などは混雑する。この地域は、愛知県と岐阜県の県境は長良川になる。そのため、木曽川の右岸左岸とも愛知県になるため、立田大橋は、両岸とも愛知県である木曽川の唯一の橋である。橋周辺の木曽川は汽水域となっていて干潮時には橋の下に砂浜の島が出現することがあり、ヤマトシジミの漁が行われている。橋の両側にある歩道からの釣りは禁止されている。木曽川長良川堤背割堤の道路(立田大橋西交差点の北から東海大橋までの区間)が、2010年10月1日より通行規制されている[1]

諸元[編集]

木曽三川公園センター展望タワーから望む木曽川に架かる立田大橋
  • 供用: 1984年(昭和59年)10月
  • 延長: 966 m
  • 幅員: 12 m(片側一車線)
  • 区間: 愛知県愛西市立田町松田 - 福原
  • その他:道路の両側に歩道が設けられていて、左岸の堤防道路へ歩行車と自転車は直接降りることができる。

周辺施設[編集]

立田大橋と木曽川左岸にある国営木曽三川公園東海広場東エリアのデイキャンプ場

国が周辺の河川敷の右岸と左岸に木曽三川公園の東海広場を整備し管理を行っている[2]

東海広場[編集]

1990年(平成2年)4月21日、橋の下右岸に開園。芝生広場、スポーツ広場、一万人広場、マラソンコース、バーベキュー広場が整備されている。520台の無料駐車場併設。

東海広場東エリア[編集]

2009年(平成21年)4月29日、橋の下左岸に開園。デイキャンプ場(カーサイト30)、多目的広場、パークゴルフ場が整備されている。汽水域の川岸では、テナガエビハゼセイゴなどの釣り人が訪れる。

関連画像[編集]

Kiso Sansen Park Center from Mount Tado.jpg

多度山から望む木曽三川の橋
手前から油島大橋 - 長良川大橋 - 立田大橋

Kiso river from Tatsuta Ohashi 2011-07-31.jpg

干潮時に橋の北側に
現れる砂浜

Clam digging of Corbicula japonica in Kiso River.jpg

橋の下周辺での
ヤマトシジミ

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 木曽川長良川堤背割堤の通行規制が始まります (PDF)”. 国土交通省木曽川河川事務所. 2011年8月8日閲覧。
  2. ^ 国営木曽三川公園(東海広場)”. 国営木曽三川公園. 2011年8月2日閲覧。