東山給水塔

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
東山給水塔
Higashiyama Water Tower

東山給水塔

情報
旧名称 東山配水塔
用途 給水塔
設計者 成瀬薫(名古屋市水道部)
事業主体 名古屋市上下水道局
管理運営 名古屋市上下水道局
構造形式 鉄筋コンクリート造
高さ 37.85m
竣工 1930年
開館開所 1930年
所在地 464-0052
愛知県名古屋市千種区田代町四観音道西
座標 北緯35度10分24.33秒 東経136度57分16.92秒 / 北緯35.1734250度 東経136.9547000度 / 35.1734250; 136.9547000座標: 北緯35度10分24.33秒 東経136度57分16.92秒 / 北緯35.1734250度 東経136.9547000度 / 35.1734250; 136.9547000
テンプレートを表示
東山給水塔、北東からみる

東山給水塔(ひがしやまきゅうすいとう)は、愛知県名古屋市千種区田代町字四観音道西にある名古屋市上下水道局の給水施設。かつては「東山配水塔」と呼ばれていた名古屋最古の給水塔で、高さは37.85メートル。

概要[編集]

東山配水塔は名古屋市水道部(現・名古屋市上下水道局)の成瀬薫の設計による給水塔で[1]、東山配水場の敷地内に1930年昭和5年)3月に完成。鍋屋上野浄水場から送られた水を塔上の貯水槽までポンプで一旦押し上げ、自然流下による圧力を利用して覚王山地区の高台に配水していた。

1973年(昭和48年)2月まで配水塔として使われてきたが、1979年(昭和55年)に災害時用の応急給水施設となった。ここには常時300m3 の水が蓄えられている。建設時の塔頂部は平らであったが、1983年(昭和58年)の改修時に尖塔状の屋根が付けられた。普段は非公開だが、毎年春分の日8月8日まるはちの日)には一般公開され、塔の中に入ることもできる。

1985年(昭和60年)には厚生省の「近代水道百選」に、1991年(平成3年)には第2回の名古屋市都市景観重要建築物に選ばれた[2]

アクセス[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ なごや水物語 2010, p. 67.
  2. ^ 都市景観重要建築物等指定物件”. 住宅都市局都市計画部都市景観室. 名古屋市 (2012年9月25日). 2012年11月19日閲覧。

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]