柳ヶ瀬トンネル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
柳ヶ瀬トンネル(福井・滋賀県道140号敦賀柳ヶ瀬線)
Japanese Route Sign Number 1.svgJapanese Route Sign Number 4.svgJapanese Route Sign Number 0.svg
福井県道140号標識
Japanese Route Sign Number 1.svgJapanese Route Sign Number 4.svgJapanese Route Sign Number 0.svg
滋賀県道140号標識

柳ヶ瀬トンネル(やながせトンネル)は北陸自動車道木之本IC-敦賀IC間と福井県道・滋賀県道140号敦賀柳ヶ瀬線滋賀県福井県県境にあるトンネルである。

県道140号 柳ヶ瀬トンネル[編集]

トンネルがある福井県道・滋賀県道140号敦賀柳ヶ瀬線は、かつての日本国有鉄道北陸本線(鉄道営業末期は柳ヶ瀬線)の旧ルートであり、鉄道路線時代のトンネルを現在もそのまま使用している。単線トンネルであったため幅員は車1台分ほどしかなく、灯火は少ない。かつてはトンネル内で対向車と鉢合わせになった場合、トンネル内に2箇所ある離合箇所までどちらかがバックしなければならなかったが、現在は両入口に信号機を設置して交互通行となった。設置されている赤信号の長さは6分30秒と非常に長い[1]。なお、大型車自転車などの軽車両歩行者は通行できない。

鉄道トンネル時代の1928年(昭和3年)12月6日 勾配の続く山岳トンネルであった故に機関車の空転により走行不能となった蒸気機関車の噴煙がトンネル内に充満した北陸線柳ヶ瀬トンネル窒息事故があり、複数の乗務員が死亡する事故が起きている。

歴史[編集]

  • 1882年(明治15年)3月10日 - 官設鉄道柳ヶ瀬 - 洞道西口間開業により、使用開始。
  • 1964年(昭和39年)5月11日 - 柳ヶ瀬線廃止により、鉄道トンネルとしては供用廃止。国鉄バス専用道に転換。
  • 1980年(昭和55年)4月7日 - 一般道として開放。

利用状況[編集]

県道140号敦賀柳ヶ瀬線は現在、国道8号新道野越が通行止めの際や渋滞した場合の迂回路としての役割を担っている。そのためこの交互通行の柳ヶ瀬トンネルの利用も多い。さらに県道140号が接続する国道365号の沿線に観光地である余呉湖があることもあり、敦賀市方面からの利用がさらに多くなっていると考えられる。ただし異常気象には弱く[独自研究?]通行止めになる。

北陸自動車道 柳ヶ瀬トンネル[編集]

柳ヶ瀬トンネル
概要
位置 滋賀県福井県
現況 供用中
所属路線名 北陸自動車道
起点 滋賀県長浜市
終点 福井県敦賀市
運用
所有 中日本高速道路株式会社
通行対象 自動車
技術情報
全長 上り線 1,320m、下り線 1,270m
道路車線数 2車線
テンプレートを表示

北陸自動車道の柳ヶ瀬トンネルは、滋賀県長浜市福井県敦賀市の県境に位置する高速自動車国道のトンネルである。

関連項目[編集]

脚注[編集]

座標: 北緯35度36分14.4秒 東経136度10分25.6秒