豊海橋

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
北側(日本橋箱崎町)より撮影

豊海橋(とよみばし)は、日本橋川にかかるで、北岸の東京都中央区日本橋箱崎町と南岸の中央区新川1丁目を結ぶ。日本橋川が隅田川に流入する河口部に位置し、1927年昭和2年)に震災復興橋として架設された。中央区豊海町は本橋とは3km以上離れており、直接の関係はない。

概要[編集]

日本橋川の第一橋梁である。梯子を横にしたような構造は、フィーレンディール橋と呼ばれ、永代橋との景観上のバランスを考慮して設計された。シンプルなデザインのなかに鋲止形式という古い形態を残し、重量感のある鉄骨橋梁の代表例として貴重である。現在は全体を白色に塗装してある。中央区民有形文化財。

夕刻からは白っぽいオレンジ色にライトアップされ、隠れた夜景スポットである。たびたびドラマの撮影に使われる。

橋の歴史[編集]

この場所に最初に橋が架けられたのは江戸時代の中期、1698年元禄11年)とされる。北詰には船手番所が置かれ、諸国廻船が往来する江戸水運の要所に位置していた。河岸には土蔵が建ち並び、陸揚げされた荷駄が行き交う活気に満ちた界隈であった。また、吉良邸への討ち入りを果たした赤穂浪士永代橋大川を渡ったのち、この橋を経て泉岳寺をめざしたと伝えられる。乙女橋とも呼ばれていた。

その後、幾度かの落橋・焼失、再架を経て、1903年明治36年)1月に長22間・幅4間の下路式プラットトラス橋が架けられ、初めて鉄橋化。1923年(大正12年)の関東大震災で落橋し、震災復興橋梁としての現在の姿に至る。

年表[編集]

開通年 形 式 橋 長 幅 員 備 考
1698年 木橋 不明 不明 創架
1873年 木橋 40m 5.5m
1885年 木橋 40m 5.4m
1903年 鉄下路プラットトラス橋 40m 7.3m
1927年 鋼下路フィーレンディール橋 46m 8m 現役

出典:土木図書館 橋梁史年表 [1]

ギャラリー[編集]

周辺施設[編集]

交通[編集]

アクセス
隣の橋〈日本橋川〉
(上流)湊橋 ― 豊海橋隅田川に流水(下流)

外部リンク[編集]

座標: 北緯35度40分39秒 東経139度47分12秒 / 北緯35.67750度 東経139.78667度 / 35.67750; 139.78667