白糸川橋梁

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
白糸川橋梁
Jr-shiraito-river-bridge.jpg
基本情報
日本の旗 日本
所在地 神奈川県小田原市根府川
交差物件 白糸川
用途 鉄道橋
路線名 東海道本線
管理者 東日本旅客鉄道
開通 1925年3月1日
座標 北緯35度12分0.3秒 東経139度8分12.9秒 / 北緯35.200083度 東経139.136917度 / 35.200083; 139.136917座標: 北緯35度12分0.3秒 東経139度8分12.9秒 / 北緯35.200083度 東経139.136917度 / 35.200083; 139.136917
構造諸元
形式 ワーレントラス橋
材料
全長 199.34m
9.7m[1]
高さ 24.5m[1]
最大支間長 47.4m
地図
白糸川橋梁の位置(神奈川県内)
白糸川橋梁
関連項目
橋の一覧 - 各国の橋 - 橋の形式
テンプレートを表示

白糸川橋梁(しらいとがわきょうりょう)は、神奈川県小田原市根府川の白糸川に架かる、JR東海道本線鉄道橋である。

歴史[編集]

初代の橋梁は1922年(大正11年)に、根府川駅真鶴駅の間に竣工。径間150フィートの複線上路トラスが3連と、その前後に径間40フィートの単線プレートガーダーが各2径間架かる構造であった[2]

竣工翌年の1923年9月1日。関東大震災により背後の山が崩壊し、土石流が押し寄せて壊滅的な被害を受ける。3連トラスのうち一つは泥流に押し出され行方不明、一つは大破して泥流に埋没し、残る一つも一部が泥流に埋没した。プレートガーダーも、半数ほどが行方不明になった[2]。この震災により白糸川河口付近の住民200人余りと、海岸で遊泳していた児童数十人が死亡または行方不明[3]、北側の根府川駅に停車していた旅客列車も相模湾に滑落し、百数十名の死者が出ている(犠牲者の数は資料により差異がある。根府川駅列車転落事故の項も参照)。

現橋[編集]

現在の橋は、被災の翌年に新たな橋に架け替えられた二代目である。3連トラスは初代の橋の図面がほぼそのまま使われ、被災前とほぼ同じ形態で再建された。トラスは赤く塗装されている。

根府川駅真鶴駅寄り(南側)、西側に相模湾に開けた谷筋に南北に架かり、在来線の東海道本線の複線を渡す。下流側に国道135号真鶴道路旧道)、上流側に東海道新幹線の橋梁が並行する。鉄道撮影のスポットとしても知られ、1991年にはかながわの橋100選に選定された[4]

地形的要因から特に南風の時には強風が観測され、しばしば列車の運行規制を受けた[1]。この区間の東海道本線は首都圏東海地方西日本を結ぶ物流の動脈であるとともに、伊豆半島への観光路線としても重要であるため、風への対策が求められた。1991年[5]に、車窓からの景色を極力損なわないよう[2]60%充実金網方式の防風柵が設置された。この対策により、使用開始後1年間の実績で従前に比べ運転中止日数約80%減、運転中止本数約90%減の効果が見られた[1]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d (日本鋼構造協会 1997, pp. 114-115)
  2. ^ a b c (成瀬 1994, pp. 114-115)
  3. ^ 関東大震災における米神・根府川(神奈川県足柄下郡片浦村)の被害総数 (PDF) 武村雅之講演要旨 歴史地震 第5号(2010年)124頁。 2012年11月10日閲覧。
  4. ^ 白糸川橋梁(小田原市)”. 神奈川県県土整備局 (2014年11月17日). 2019年4月3日閲覧。
  5. ^ “風に弱い京葉線・武蔵野線は過去の話? 約163億円の工事費をかけ設置が進む防風柵”. 乗りものニュース. (2014年11月18日). https://trafficnews.jp/post/36528/3 2019年4月3日閲覧。 

参考文献[編集]

  • 成瀬輝男『鉄の橋百選―近代日本のランドマーク―』(pdf)東京堂出版、1994年9月30日、114-115頁。ISBN 4-490-20250-4
  • 日本鋼構造協会構造物の耐風工学―東京電機大学出版局、1997年、503-507頁。ISBN 978-4-501615703