イーネット

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
株式会社イーネット
E-net Co., Ltd.
種類 株式会社
市場情報 非上場
本社所在地 日本の旗 日本
103-0015
東京都中央区日本橋浜町3-15-1
日本橋安田スカイゲートビル8階
設立 1999年9月17日
業種 サービス業
代表者 西岡修(代表取締役社長
資本金 43億47,732千円
主要株主 公式サイトの出資企業参照
外部リンク http://www.enetcom.co.jp/
テンプレートを表示
イーネットのATM

株式会社イーネット英称E-net Co., Ltd.)は、コンビニATMイーネットE-net)」を運営する企業。

概要[編集]

コンビニエンスストアにおけるATMの保守管理、ATMに関する事務受託業務等を主たる業務として設立。コンビニだけでなく、従来の店舗外共同ATMについてもアウトソースを請け負う。全国の都市銀行信託銀行地方銀行第二地方銀行やコンビニエンスストア、リース会社などの共同出資により設立された。

銀行をはじめとする金融機関ATM管理を主たる業務とするが、あくまでも金融機関のアウトソースを請け負うのみであり、セブン銀行イオン銀行のようにイーネット自身が預金融資などの金融業務を行うわけではないため、業種としては金融業ではなくサービス業に位置づけられる(これは、同業他社のローソン・エイティエム・ネットワークスゼロネットワークスと同様)。

主な出資企業一覧[編集]

イーネットのATM[編集]

2016年12月31日現在、47都道府県に13,682台のATMを設置している[1]。ただし、鹿児島県においては、ドン・キホーテ鹿児島天文館店のみの設置であり、通常イーネットが設置されるコンビニエンスストアであるファミリーマート(エリアフランチャイズである南九州ファミリーマートが展開)の285店舗(同県内全店舗。店舗数は2016年12月31日現在)に鹿児島銀行のATMが設置されている。なお、先述のイーネットの出資企業には鹿児島県を本拠とする鹿児島銀行が含まれているものの、同行はイーネットとの提携の動きが見られない。

また、鹿児島県以外の都道府県においても、イーネットATMではなく自前の金融機関のATMを店内に独自に設置している場合、あるいはイーネットATMと自前のATMを併設している店舗もある(一部のファミリーマートセイコーマートポプラセーブオンなど)。

入出金に利用できるカード、利用時間、手数料などの詳細については、ATMご利用案内(イーネット公式サイト)を参照のこと。

地元金融機関以外による管理[編集]

イーネットATMが設置されている地域のうち、地元に本拠を置く地方銀行が現時点では未提携であり、その地方銀行に代わって、都市銀行各行や他の都道府県の地方銀行などによって設置されている地域がある。当然ながら、これらの地域では地元に本拠を置く地方銀行第二地方銀行のキャッシュカードによる出金については、イーネット提携外金融機関(MICS)扱いとなる(一部例外あり)。

2015年4月13日現在、このような事例に該当する地域は以下の通り(台数は2015年3月31日現在)。

以下の各都道府県の一部の店舗で、各地元の地方銀行・第二地方銀行がイーネットと提携する以前に、隣県の提携済みの都市銀行・地方銀行・第二地方銀行によって設置されている。

また、かつて同様の取り扱いをしていた事例として以下の地域がある。

  • 宮城県(256台)…かつては機種によりみずほ銀行・三菱東京UFJ銀行のいずれかが管理していた(2009年1月21日7:30をもって全機種(当時は136台)を七十七銀行管理に転換)。
  • 長野県(140台)…かつては機種によりみずほ銀行・三井住友銀行・りそな銀行のいずれかが管理していた(2014年4月23日7:00をもって全機種(当時は116台)を八十二銀行管理に転換)。
  • 山梨県(92台)…かつては機種によりみずほ銀行・三菱東京UFJ銀行・三井住友銀行のいずれかが管理していた(2008年11月17日8:00をもって全機種(当時は10台)を山梨中央銀行管理に転換)。
  • 山口県(101台)……かつては全機種が広島銀行管理だった(2010年8月23日8:00をもって全機種を山口銀行管理に転換)。
  • 香川県(111台)…かつては全機種が中国銀行管理だった(2008年1月7日7:00をもって全機種(当時は66台)を百十四銀行管理に転換)。
  • 福岡県(428台)…かつては機種によりみずほ銀行・東京三菱銀行(当時)のいずれかが管理していた(2005年7月15日8:00をもって全機種(当時は24台)を福岡銀行管理に転換)。

なお、これらのいずれにもあたらない事例として、富山県(104台)内において、一部を北國銀行が管理をしている。

その他特記すべき事項として、みちのく銀行との提携解消が挙げられる。イーネットはかつてみちのく銀行と提携していたが、同行の都合により2005年7月31日をもって提携解消し[7]、翌8月1日以降は同行のキャッシュカードはMICS扱いでの利用に変更されている。イーネットとしては初めての提携解消で、現在のところ唯一の提携解消である。なお、みちのく銀行は提携解消後もしばらくはイーネットに出資していたが、現在は既にイーネット社の株式を売却している。青森県内の金融機関では青森銀行がイーネットと提携を行っている。

ATM管理受託業務[編集]

同社は2001年9月より、東京三菱銀行(当時)から簡易型ATMによる店舗外コーナー運営を受託し、現在概ね大学・病院などの施設内である53箇所(2006年11月時点)において三菱東京UFJ銀行ATMとして営業している(旧東京三菱店ATM、管理店はエイティエム統括支店(店番389))。 当然ながらATM手数料は三菱東京UFJ銀行ATMの扱いとなり、メインバンクプラスによる時間外手数料無料のサービスも、コンビニATMではなく三菱東京UFJ銀行ATMの利用として優遇される。

これらのうち一部の店舗(法政大学出張所など)には通帳記帳に対応するため、旧東京三菱銀行店に設置してある通帳記帳繰越機が併設されている(通帳繰越は不可)。尚、通帳記帳繰越機はエイティエム統括支店ではなく、設置場所近隣の三菱東京UFJ銀行本支店が管理店となっている。

2015年12月には、翌年春以降を目処に、地銀・第二地銀における、海外発行キャッシュカードでの現金引き出しに対応したATMのフルアウトソーシングを行うことを発表しており、各管理行自行のATMとして運用する方針であることを明らかにしている。

ATM納入会社[編集]

2016年4月現在、新型機導入拠点のみ、海外発行カードの利用が可能となっている。

沿革[編集]

イーネットATMの設置箇所[編集]

コンビニエンスストア[編集]

ファミリーマート
鹿児島県内の南九州ファミリーマート運営店舗を除く全国の店舗に設置。
am/pmから転換された店舗の多くではアットバンクATM(三井住友銀行または西日本シティ銀行管理)が継続して設置されている。なお、三井住友銀行管理分のアットバンクATMについては、契約満了に伴い、2014年11月4日以降、2015年3月末までにゆうちょ銀行ATMに順次転換を行っている。
サークルK・サンクスから転換された店舗の一部では旧サークルKサンクスの子会社であるゼロネットワークスの展開するゼロバンクATM(大垣共立銀行管理)およびBankTimeATM(りそな銀行など管理)が継続して設置されている。
2017年1月以降、ゆうちょ銀行ATM3,500台を順次設置する予定[8]。2018年以降イーネットATMを順次ゆうちょ銀行ATMに転換する方針を打ち出したが暗礁に乗り上げたため[9]、代替として同年1月よりファミリーマート内限定でゆうちょ銀行のカードをイーネットATMで使用した際に原則無料にすることを予定している[10]
サークルKサンクス
ゼロバンクATMおよびBankTimeATMの設置されていない店舗に設置されている。特にサークルKサンクス出店地域のうち、静岡県三重県(かつては三重銀行管理ゼロバンクATMが設置されていたが、2013年11月30日までにすべて撤去された)ではゼロバンク・BankTimeとも展開していないことから、ほぼ全店にイーネットATMが設置されている。また、ゼロネットワークスによるATM展開以前にイーネットATMが設置された一部の店舗は継続設置されている。
スリーエフ
2006年12月より、関東地方の一部のイーネットATM未設置店舗にスルガ銀行単独によるタウンネットワークサービスATMを設置してきた(無料時間帯で利用できるのはスルガ銀行とイオン銀行のみ)が、現在は撤去されイーネットATMに転換されている。
ポプラ
ココストアグループ
タックメイトRICストアの一部店舗に設置されている。
コミュニティ・ストア
セーブオン
当初は群馬県栃木県茨城県のごく一部の店舗に限られていたが、2012年以降新潟県佐渡島の店舗を中心に設置拠点を拡大。
デイリーヤマザキ
一部の店舗ではイーネットATMでなく、東京スター銀行ATM、ゆうちょ銀行ATM、タウンネットワークサービスATMが設置されている場合もある。また、以前は新生銀行新生デイリーバンクATMを設置する店舗も存在した。
セイコーマート
北海道内の一部店舗のみ、それも大量に設置されている地域は札幌市と札幌市郊外の一部に限られる。
NewDays
一部の店舗ではイーネットATMでなく、みずほMMKが設置されている。
シダックスアイ
上記の他、かつては新鮮組本部とローソンのメガFC契約に伴う新鮮組およびジャストスポットからローソンへの店舗ブランド切り替え店舗の一部に設置されていたが、現在はすべてローソンATMに転換されている。また、ミニストップの大半の店舗にも設置されていたが、こちらも現在はすべてイオン銀行ATMに転換されている。

コンビニエンスストア以外[編集]

上記のコンビニの他、複数の金融機関の共同ATMに換える形で設置される事例がある。設置される場所としては主に下記の通り。なお、これらの場所では共同ATMや各金融機関のATMコーナーが置かれることが基本であり、すべての店舗にイーネットATMが設置されるわけではない。

脚注[編集]

  1. ^ 県別ATM設置台数”. イーネット. 2017年1月25日閲覧。
  2. ^ ドン・キホーテ鹿児島天文館店のみ。
  3. ^ このうち、常陽銀行管理分では郡山市内・いわき市内の一部店舗のみ。
  4. ^ ファミリーマート新宿靖国通り店(新宿区)・ファミリーマート池袋グリーン大通り店(豊島区)のみ(いずれも常陽銀行の支店が入居するビルにあるため)。
  5. ^ ファミリーマート田辺草内店(京田辺市)、ライフ寺田城陽市
  6. ^ 熊本県内ではこれまで旧熊本ファミリー銀行(現・熊本銀行)が福岡銀行経由扱いでイーネットとの直接提携を行なっていたが、2009年1月4日07:00より福岡銀行経由の接続から当行完全直接接続に変更された。このため、同行ではイーネットの管理機を設置していなかったが、それ以降は熊本県に所在していた福岡銀行管理のイーネットを熊本ファミリー銀行管理に切り替えた。
  7. ^ みちのく銀行はイーネットとの提携を終了 - みちのく銀行ニュースリリース2005年6月10日(インターネットアーカイブ)
  8. ^ ファミリーマートにゆうちょ銀行ATM3,500台を設置 マイナビニュース 2016/10/28
  9. ^ ファミマとゆうちょ、コンビニATMの提携協議が暗礁=関係筋 ロイター通信 2016年10月25日
  10. ^ ファミマATM、ゆうちょ銀の手数料無料に 日本経済新聞 2016年10月28日
  11. ^ かつてはLANsのATMを設置している店舗もあった。
  12. ^ カフェ・ド・クリエでATMサービスを開始 (PDF, イーネット社ニュースリリース:2011年1月31日)
  13. ^ ハウステンボスのイーネットATMは親和銀行の店舗外ATMから転換したもの。
  14. ^ 中山競馬場の設置分は4台すべてが管理行が異なる(三菱東京UFJ銀行・みずほ銀行・三井住友銀行・千葉銀行)。東京競馬場の4台と、京都競馬場3台は三菱東京UFJ銀行管理に統一されている。なお、阪神競馬場ではりそな銀行の出張所として銀行ATMが設置されている。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]