新潟中央ジャンクション

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
新潟中央ジャンクション
Niigata cyuuou JCT.jpg
日本海東北自動車道(酒田側)から撮影

所属路線 E8 北陸自動車道
IC番号 42
本線標識の表記 新潟中央JCT
起点からの距離 476.5 km(米原JCT起点)
新潟西IC (3.5 km)
所属路線 E7 日本海東北自動車道
起点からの距離 0.0 km(新潟中央JCT起点)
(3.2 km) 新潟亀田IC
所属路線名 E49 磐越自動車道
起点からの距離 211.9 km(いわきJCT起点)
新潟PA (3.2 km)
(0.8 km) 新潟中央IC
供用開始日 1994年平成6年)7月28日
通行台数 x台/日
所在地 950-1143
新潟県新潟市江南区俵柳
新潟中央ジャンクションの位置(新潟市近郊バイパス網内)
新潟中央ジャンクション
備考 国土開発幹線自動車道の北陸自動車道の起点は新潟中央JCT
テンプレートを表示
新潟中央JCTの概略図
上:新潟中央IC 下:新津IC
左:新潟西IC 右:新潟亀田IC

新潟中央ジャンクション (にいがたちゅうおうジャンクション)は、新潟県新潟市江南区俵柳にある、北陸自動車道日本海東北自動車道磐越自動車道の三本を接続するジャンクションである。

概要[編集]

IC番号は北陸自動車道からの連番で付番されている。国土開発幹線自動車道の北陸自動車道の起点は当JCTからになっているが、並行する旧JR北陸本線日本海縦貫線の一部、現えちごトキめき鉄道日本海ひすいライン)に合わせて、米原方面行きを「上り線」、新潟方面行きを「下り線」として、米原JCTを起点とし当JCTが終点になっている。また日本海東北自動車道の起点でもある。当JCTのすぐ北側に隣接する形で磐越自動車道新潟中央ICがあり、周辺の道路案内では同ICとほぼ同一扱いである。

1994年の開通当初は長岡方面から新潟中央ICへの流出ができなかった(ICから長岡方面への流入は開通当初から可能)が、のちにオフランプの増設が行われ、現在は4方面すべてへの流入・流出が可能である。

ジャンクションの各走路は、タービン・クローバー・トランペットが混在する変則的な形態になっている。

接続している道路[編集]

[編集]

E8 北陸自動車道
(41) 新潟西IC - (42) 新潟中央JCT
E7 日本海東北自動車道
(42) 新潟中央JCT - (1) 新潟亀田IC
E49 磐越自動車道
(13) 新津IC - (13-1) 新津西スマートIC - 新潟PA - (42) 新潟中央JCT - (14) 新潟中央IC

関連項目[編集]

外部リンク[編集]