高峰サービスエリア

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
高峰サービスエリア
下り施設
下り施設
所属路線 E25 名阪国道
供用開始日 1965年12月16日
下り線事務所 8:00〜20:00
所在地 630-8402
奈良県奈良市米谷町
備考 天理方面のみ設置されているサービスエリア
テンプレートを表示
本線から入ろうとする車(上り側)

高峰サービスエリア(たかみねサービスエリア)は、奈良県奈良市名阪国道上にあるサービスエリアである。上り線側は2009年に閉鎖され、現在は下り線のみの営業となっている。

サービスエリアを名乗ってはいるが、一般のパーキングエリア程度の面積・設備である。

特徴[編集]

閉鎖された上り線(亀山方面側)は加速車線・減速車線が無く、丁字路の形態をとっているため本線からサービスエリアへの分流、サービスエリアから本線への合流が極めて困難であった。一方下り線(天理方面側)もかつては同様の形状を取っていたが、こちらは加減速車線が新たに設けられ供用に付されている。ただし出口付近が急勾配の下り坂である上に本線の交通量が多いことから、サービスエリアから本線へ戻る際には適切な加速と合流のタイミングを見計らうことが求められる。

なお下り線側からは奈良盆地天理橿原方面を一望できる。

道路[編集]

E25 名阪国道
通称Ωカーブのすぐ東にあり、下り線(天理大阪方面)ではカーブの直前ということになる。

施設[編集]

上り線(亀山方面)[編集]

かつて、名阪興産が「高峰レストラン」として施設を運営していたが、2006年夏ごろに閉鎖された。その後、2007年3月18日麺屋武蔵系列の「麺屋伊織」がオープンしたが、2009年2月11日をもって自販機コーナーと共に閉店[1]、さらに前述した出入口の問題に加え、2000年代に入り天理PA西名阪道)や道の駅針T・R・Sが開設されたことで利用者も減少した。

2009年3月10日総務省近畿管区行政評価局国土交通省奈良国道事務所に対し、行政苦情救済推進会議の意見を踏まえ、高峰サービスエリア(上り)を廃止するよう斡旋し[2]、同年3月31日をもって上り線のサービスエリアは閉鎖された[3] [4]

下り線(松原・大阪市内方面)[編集]

[編集]

E25 名阪国道
(26)福住IC - 高峰SA(天理方面のみ) - (27)五ヶ谷IC

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 高峰サービスエリア(上り線)麺屋「伊織」及び自販機コーナーの閉店のお知らせ
  2. ^ 事故が多い名阪国道にある高峰サービスエリア(上り)の使用を禁止してほしい-行政苦情救済推進会議の意見を踏まえたあっせん-
  3. ^ 名阪国道高峰SA(上り線)の閉鎖について
  4. ^ 名阪国道高峰SA(上り線)の閉鎖について(PDF)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]